フランス・フットボール通信BACK NUMBER

モドリッチが考える理想のサッカー。
「10番が消滅することはあり得ない」 

text by

パスカル・フェレ&フレデリック・エルメル

パスカル・フェレ&フレデリック・エルメルPascal Ferre et Frederic Hermel

PROFILE

photograph byBernard Papon

posted2018/11/13 11:00

モドリッチが考える理想のサッカー。「10番が消滅することはあり得ない」<Number Web> photograph by Bernard Papon

モドリッチが共にプレーしたかった選手のひとりは、監督でもあったジダンだったという。

「『僕こそが!』と断言したくない」

――今年に関してはあなたの方がロナウドよりもバロンドールに値すると思いますか?

「(微笑みしばし沈黙の後)難しい質問だなあ。正直あまり答えたくないし、『そうだ。僕こそがバロンドールに値する!』と断言したくない。

 重要なのはピッチに立ち続けることで、2018年は僕にとってこれまでで最良の年だった。目標はこのリズムをこれからも続けることだ。

 だからどうか『僕が今年は獲得するべきだ!』などと答えるように誘導しないでほしい。決めるのは投票する専門家たちで、権利は彼らの手の中にあるのだから」

2018年はW杯の年だから……。

――ではあなた自身を別にして、他に5人の候補をあげるとすれば誰になりますか?

「ラファエル・バランとアントワン・グリーズマン、キリアン・ムバッペ、クリスティアーノ・ロナウド、リオネル・メッシだ」

――フランス人を3人も入れていますが……。

「2018年はワールドカップの年だから、それを考慮に入れて当然だ。

 バランはクオリティの高いプレーでレアルのチャンピオンズリーグ3連覇にも貢献した。ワールドカップでもクロアチアのふたりのCBとともに大会のベストセントラルディフェンダーだった。

 ムバッペは恐るべき才能の持ち主で将来のスーパースターであるのは間違いない。すでにそれに値する活躍もしている。ちょっと別格だ。代表のチームメイトのダニエル・スバシッチがかつてこう言っていたのを覚えている。『モナコに凄い若手がいる。間違いなく世界のトップに登りつめる』と。

 それからグリーズマンも、今年彼が成し遂げたことを考慮すれば当然候補に入る」

【次ページ】 「小国がサッカー大国相手に偉業を」

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ルカ・モドリッチ
クリスティアーノ・ロナウド
ジネディーヌ・ジダン
トニー・クーコッチ
レアル・マドリー
ロシアW杯
ワールドカップ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ