JリーグPRESSBACK NUMBER

ACL決勝、の前にわかった強さの源。
鹿島で個人アピールは許されない。 

text by

寺野典子

寺野典子Noriko Terano

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE

posted2018/11/09 17:30

ACL決勝、の前にわかった強さの源。鹿島で個人アピールは許されない。<Number Web> photograph by J.LEAGUE

昌子源に「引退が延びたんじゃないかな」と冗談を言われる小笠原満男。彼の慕われ方は尋常ではない。

昨季、1ゴールが足りなかった。

 11月10日の決勝戦セカンドレグ。テヘランのスタジアムには8万人以上が集まる。完全アウェイの地で、果たしてタイトルを手にできるのか?

「ACLのタイトルは本当にチームの悲願なので、しっかりタイトルをとらなくちゃいけない。Jリーグも獲れないし、ルヴァンも落としました。だから、残りの2つ(ACLと天皇杯)は絶対に獲らなくちゃいけない」

 自信に満ちた表情で、永木がそう語った。

 昨季、あと1ゴール足りずにJリーグを獲れなかった。それを雪辱する大きなチャンスが訪れた。しかしまだチャンスでしかない。まだ何も手にはしていないのだから。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

鹿島アントラーズ
内田篤人
大岩剛
小笠原満男
永木亮太
昌子源

Jリーグの前後のコラム

ページトップ