プロ野球亭日乗BACK NUMBER

日本シリーズを制したホークスは、
完璧なる世代交代までやってのけた! 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2018/11/04 12:30

日本シリーズを制したホークスは、完璧なる世代交代までやってのけた!<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

圧倒的敵地・マツダスタジアムで優勝を決めた福岡ソフトバンクホークス。チーム関係者全員による記念写真。

昨年の日本一は内川のおかげだった。

 昨年のシリーズの打の記憶といえば、あの一発に尽きる。

 3連勝後に2連敗して迎えた第6戦。DeNAの勢いの前に9回2死まで1点差で負けていたが、土壇場で飛び出したのが、内川聖一内野手の起死回生の同点弾だった。

「本当の技術がないと打てないホームラン」

 延長戦の末に敗れたDeNAの4番・筒香嘉智外野手が敬意を表した内川のこの一撃があったから、昨年の日本一はあったと言っても過言ではない。

 だが、その立役者もたった1年で“世代交代”の波に飲まれる存在となっていた。

 今季は5月9日の西武戦でプロ野球51人目の通算2000本安打を達成したが、その後はケガや不振で二軍落ちも経験。クライマックスシリーズを控えた最後の最後に一軍に上がってきた。

 ベテランの経験を期待された日本シリーズ。5試合に先発で起用されたが、17打数2安打の打率1割1分8厘に終わった。

あの内川でもバントをする……。

 それでも自分の仕事はきっちりこなす。

 第5戦の4回無死一、二塁で送りバントを決めると、第6戦の4回無死一、二塁でも工藤監督から出されたサインは再び「送りバント」だった。

「試合展開からそうくるなと思っていた」

 そう振り返った内川がこれを絶妙に一塁前に転がして、続く西田哲朗内野手のスクイズで先取点を奪った。

 ここ10年の右打者では、間違いなく3本の指に入る技術を持つヒットメーカーである。「送りバント」のサインが出たのはソフトバンクに移籍してきて初めてだった。さらに振り返ると、横浜時代の2010年8月27日の中日戦以来の犠牲バントだった。

 それでも内川は絶妙にボールを転がし、役割を果たした。

 あの内川でもバントをする。

 ソフトバンクの強烈な“世代交代”を象徴する場面に思えた。そしてその波に飲み込まれたのは、内川だけでなかった。

 チームの精神的支柱と言われている松田宣浩内野手の出番は、このシリーズでは極端に減っていた。

【次ページ】 大舞台で世代交代を完了させた。

BACK 1 2 3 4 NEXT
工藤公康
デニス・サファテ
森唯斗
内川聖一
松田宣浩
柳田悠岐
上林誠知
甲斐拓也
福岡ソフトバンクホークス
広島東洋カープ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ