プロ野球亭日乗BACK NUMBER

高橋由伸監督の雰囲気が変わった!
巨人が一体となって狙うCS下剋上。

posted2018/10/12 13:00

 
高橋由伸監督の雰囲気が変わった!巨人が一体となって狙うCS下剋上。<Number Web> photograph by Kyodo News

エース菅野の好投をベンチで迎えた高橋由伸監督。辞任表明によるチーム一体となったラストスパートで、CSでの下剋上を果たせるか。

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 こういう戦いは相手もやりにくいはずである。

 13日から始まるプロ野球のクライマックスシリーズ(CS)。その大きな注目の1つはセ・リーグ3位から下克上を狙う巨人の戦いとなるはずだ。

 67勝71敗。

 レギュラーシーズンは5割を切る勝率4割8分6厘。しかも最終戦でようやくCSへの出場切符を手にしての進出だった。ただ、そうした事実以上に今年の巨人が異様なのは、まだまだチームは日本一の可能性を残す中で、すでに高橋由伸監督の今季限りでの退任が決まっていることなのである。

 こういう状況で監督がクライマックスシリーズの指揮を執る。これは過去でもほとんど例のない出来事である。

 退団が決まっている監督が指揮を執ることが、短期決戦のCSの戦いにどういう影響を及ぼすのかは、ちょっと想像がつきにくい部分でもある。

シーズン中の不調をリセットしての戦いに。

 もちろんこれまでもレギュラーシーズンの最中に監督の退団が発表されることは、よくあることだった。ただそういうケースでは、チームはすでに下位に低迷し、選手が何を思ってもいまさらどうしようもないのが現実だった。退任を発表した監督や選手がいくら情緒的になってみても、その後の戦いに大きな変化が表れることはほとんど考えられない。

 そういう状況がほとんどだった。

 ところがこれから巨人が臨む戦いは、シーズン中の低迷がリセットされた新たなステージなのである。

【次ページ】 「悔しいけれどこれが現実」

1 2 3 4 NEXT
読売ジャイアンツ
高橋由伸
菅野智之
畠世周
斎藤雅樹
陽岱鋼
岡本和真
東京ヤクルトスワローズ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ