SCORE CARDBACK NUMBER

胴上げ投手にはなれずとも。
今井達也と血染めのボール。
~西武の2年目、こだわりはストレート~

posted2018/10/12 15:00

 
胴上げ投手にはなれずとも。今井達也と血染めのボール。~西武の2年目、こだわりはストレート~<Number Web> photograph by KYODO

作新学院高のエースとして2016年夏の甲子園で優勝。初登板初先発での初勝利は球団では松坂大輔以来だった。

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph by

KYODO

 胴上げが懸かった本拠地での試合ともなれば、味わったことのない独特の雰囲気が漂っていたことだろう。先発を託されたライオンズの高卒2年目、20歳の今井達也は、コントロールに苦しみながらもキレのいいストレートとチェンジアップ、スライダーを駆使して、6回2失点と、要所を締める粘りのピッチングを見せた。結果、チームに勝ちをもたらすことはできず、胴上げはお預けとなってしまったのだが、試合後の今井は「最低限のことはできた」と振り返っていた。

 目深にかぶった帽子、細身の体躯、しなやかなフォームから繰り出す140km台後半のストレート……思い起こしたのは、若き日の桑田真澄だ。彼らが夏の甲子園の優勝投手であることも、この日の試合中、親指のツメのつけ根から出血し、血染めのボールを投げていた(桑田は高2の夏、決勝の取手二戦)ことも、桑田が今井に重なった理由だった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 535文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

大谷翔平 旋風の軌跡。

Sports Graphic Number 963

大谷翔平 旋風の軌跡。

 

関連記事

埼玉西武ライオンズ
今井達也

プロ野球の前後の記事

ページトップ