“Mr.ドラフト”の野球日記BACK NUMBER

10年前のドラフトから考える西武。
浅村栄斗の爆発と坂田遼の貢献。 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/10/08 11:30

10年前のドラフトから考える西武。浅村栄斗の爆発と坂田遼の貢献。<Number Web> photograph by Kyodo News

2018年8月19日。“フルスイング”浅村栄斗によるこの試合2本目の本塁打は、逆転満塁本塁打となった。

今年はドラフト巧者のお手並み拝見!

 高校生、大学生、社会人の指名戦略で見ると、統一ドラフトになったこの'08年以降の西武のドラフトはバランス型になっている。

 '08年以降の10年間で、高校生の1位は中崎雄太、菊池雄星、森友哉、高橋光成、今井達也の5人。

 ソフトバンク6人、日本ハム5人、楽天5人、オリックス2人、ロッテ2人で見ると、ほぼ今年のチーム成績と比例しているのがわかる。

 パ・リーグのチームらしく、西武について回るのが主力の流出だ。

 過去20年で見ていくと、松坂大輔、帆足和幸、中島裕之、細川亨、涌井秀章、片岡易之、岸孝之、野上亮磨などが他球団に移籍し、今後も菊池雄星、浅村の移籍が有力視されている。

 浅村がいなくなってもユーティリティプレーヤーの外崎のセカンドコンバートで穴埋めはできそうだが、菊池の場合はもともと投手陣の層が薄いこともあり建て直しには時間がかかりそうだ。

 欠損した部分をいかにしてドラフトで補填していくのか――今年は久しぶりにドラフト巧者ぶりを見せてもらいたいと思っている。

関連記事

BACK 1 2 3
中崎雄太
日南学園高校
野上亮磨
日産自動車
浅村栄斗
大阪桐蔭高校
坂田遼
函館大学
岳野竜也
福岡大学
宮田和希
甲賀健康医療専門学校
菊池雄星

プロ野球の前後の記事

ページトップ