野球善哉BACK NUMBER

技術屋・中村剛也の見事な復活劇。
「振り遅れるなら強制的に……」

posted2018/10/08 08:00

 
技術屋・中村剛也の見事な復活劇。「振り遅れるなら強制的に……」<Number Web> photograph by Kyodo News

昨年はシーズン終盤の苦しい時期に山川が打った。そして今年は中村が打った。彼の存在はとてつもなく巨大だ。

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 おそらく技術屋なのだと思う。

 10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武のホームランアーチスト中村剛也のことだ。

「一番大事なのは身体ですかね。身体が動けば、技術も心も安定すると思っています」

 朴訥とした語り口は昔から変わらないが、彼の懐になかなか入っていけないのは、他人が簡単に踏みこめない深い野球観があるからだろう。

 その昔、中村の恩師である大阪桐蔭の西谷浩一監督に「アーチスト論」を語ってもらったことがある。当時最大の注目を集めていた中田翔(日本ハム)を中心に、大阪桐蔭OBの関係性を解説してもらったのだ。

「ボールを飛ばすという意味でのパワーだったら中田が一番です。でも、技術は断然(中村)剛也です。ああいう体型しているから力だけに思われますけど、剛也の技術は相当に高かったですよ。中学時代から変化球を狙って打ちに行っていましたからね。

 分かりやすく言うと、例えば中田は相手投手の力に対して力でまともに向かっていきますけど、剛也は相手の力を上手く利用しながら捉えていくタイプです。

 駆け引きもうまかったです。変化球を狙っている打席で、思わずストレートに手が出てしまったら、『打ち損じた』みたいなそぶりを見せる。次に相手が警戒して変化球を投げると、待っていましたと放り込んだりするんです。色んな意味での技術をもっていました。(剛也は)プロに入ってからはホームランだけを狙うようになったので打率は低いですが、彼の技術力なら、首位打者を取ってもおかしくないと思うんですよね」

統一球にも難なく対応した技術力。

 技術の中村。

 いまからちょうど10年前の2008年、初めてホームラン王のタイトルを獲得すると、そこから中村の技術はプロ野球界を席巻した。6度のホームラン王を獲得した。

 圧巻だったのは2011年。NPBの公式球が統一球に変わり、多くのバッターがホームランを減らすなかでも、何事もなかったかのように48本塁打を放った。

 様々な変化に、難なく対応できる。

 中村が技術屋であることの証左に他ならない。

【次ページ】 チームの停滞感を中村が救った。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

中村剛也
埼玉西武ライオンズ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ