海外サッカーPRESSBACK NUMBER

メッシも監督もいないけれど――。
失意のアルゼンチン代表が再出発。 

text by

藤坂ガルシア千鶴

藤坂ガルシア千鶴Chizuru de Garcia

PROFILE

photograph byUniphoto press

posted2018/10/01 07:00

メッシも監督もいないけれど――。失意のアルゼンチン代表が再出発。<Number Web> photograph by Uniphoto press

アルゼンチンの未来を背負うべきディバラ。ロシアW杯ではメッシと共存できなかったが、そろそろ本領を発揮したいところだ。

マラドーナは2年半代表から離れた。

 今年中の実現はないと考えられているが、スカローニは「新しい監督が正式に決まり、レオ(メッシ)が復帰するまでの間、私は新しい世代の選手たちを積極的に起用する」とコメント。最も重要なのはひとりの選手ではなくチーム全体にあることを主張しながら「今やるべきこと」をはっきりと示している。

 '82年のスペインW杯の後、カルロス・ビラルドがアルゼンチン代表の新監督に就任した際、ディエゴ・マラドーナに「今は招集しないが私のチームのキャプテンは君しかいない」と告げた。

 その後、マラドーナは実に2年半以上もの間アルゼンチン代表でプレーせず、その間にビラルドはチーム作りに専念し、'86年のメキシコW杯でマラドーナとともに優勝を遂げた。

 今回、監督もメッシも不在のままで始動したアルゼンチン代表に、メキシコW杯の再現につながるような明るい将来が待っていることを願っている。

欧州蹴球名鑑 2018-2019

「Amazon」で購入

Sports Graphic Number PLUS October 2018 EURO

欧州蹴球名鑑 2018-2019

欧州サッカー観戦ガイドの新スタンダード!
今季も4大リーグの移籍情報を完全網羅し、リーグ展望や各チームの詳細な情報はもちろんのこと、注目のクラブ、トピックに関する面白コラムも満載。
データから読み物まで1年中楽しめる、ファン必携の一冊です。

定価:本体1185円+税目次ページへ

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

リオネル・メッシ
ホセ・ペケルマン
リオネル・スカローニ
ジョバンニ・シメオネ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ