海外サッカーPRESSBACK NUMBER

メッシも監督もいないけれど――。
失意のアルゼンチン代表が再出発。 

text by

藤坂ガルシア千鶴

藤坂ガルシア千鶴Chizuru de Garcia

PROFILE

photograph byUniphoto press

posted2018/10/01 07:00

メッシも監督もいないけれど――。失意のアルゼンチン代表が再出発。<Number Web> photograph by Uniphoto press

アルゼンチンの未来を背負うべきディバラ。ロシアW杯ではメッシと共存できなかったが、そろそろ本領を発揮したいところだ。

シメオネの息子らを抜擢。

 指導者としてのスカローニの力量に関しては未知数な部分が多く、国内でも賛否両論あるが、「現状でできる限りのことを建設的に進めている」というのが、主要メディアの代表番記者たちによる評価だ。

 グアテマラ戦で11人もの選手を代表デビューさせたことが話題を呼んだが、人選は決して手当たり次第に行なったものではなく、ピッチに立った選手たちはいずれも試験的に代表でプレーするだけの実力を持ち、各ラインで戦術的にもフィットしていた。

 U-20代表時代に南米選手権で得点王に輝きながら、そこからA代表に招集されていないジョバンニ・シメオネ、ロシアW杯では1度も出場機会に恵まれなかったジョバンニ・ロセェルソ、W杯の予備登録メンバーに選ばれながら最終的に外されたマウロ・イカルディ、ヘルマン・ペッセージャ、レアンドロ・パレデス、そして、昨年のU-20W杯でグループリーグ敗退の屈辱を味わったサンティアゴ・アスカシバル、エセキエル・パラシオスといった、リベンジに燃える若手たちにプレーのチャンスを与えたところに、アルゼンチンから次々と輩出されるタレントを、これ以上無駄にすべきではないというスカローニの意思が明確に表われていた。

それでも人々の関心はメッシ。

 そんな中、人々の関心はどうしてもリオネル・メッシに集中してしまう。

 W杯後、メッシはアルゼンチン代表からすっかり離れた存在となっていて、来たる10月の親善試合(イラク戦とブラジル戦)にも招集されないことがスカローニ監督代行によって明らかにされている。

 だが、メッシのいないアルゼンチン代表などありえない。

 話題になりたいがために「アンチ・メッシ」を唱える一握りのジャーナリストを除き、アルゼンチンの人々はメッシの代表復帰を待っている。

【次ページ】 マラドーナは2年半代表から離れた。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

リオネル・メッシ
ホセ・ペケルマン
リオネル・スカローニ
ジョバンニ・シメオネ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ