“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

幼稚園、五輪、森保Jでまた一緒に。
室屋成が南野拓実への引け目を払拭。

posted2018/09/16 17:00

 
幼稚園、五輪、森保Jでまた一緒に。室屋成が南野拓実への引け目を払拭。<Number Web> photograph by JFA/AFLO

南野拓実を少し後ろから追う立場だった室屋成。23歳となり、心理的な引け目は、もういらない。

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph by

JFA/AFLO

 幼稚園の頃から同い年の幼馴染で、地元のスタジアムで2人揃ってA代表としてピッチに立つ――。

 森保ジャパンの初陣、日本vs.コスタリカで、南野拓実と室屋成は漫画のような物語を現実にした。この運命の巡り合わせは話題となり、2人の関係性は数多く報道された。

 もちろん運命的な物語であることは間違いない。同い年でなおかつ幼い頃からサッカーをやっていたのだから。しかしこの舞台にたどり着くまで、2人の間には“優劣”が存在した。

 同い年で同じ競技に取り組めば、優劣は必ず生じてしまうもの。ましてやそれが幼少期からの幼馴染であれば、その度合いは大きくなる。そして本気で上を目指し、全力で取り組めば、それがライバル心や向上心、反骨心を生み出す。

 南野と室屋の関係性もまさにそれだった。

幼稚園の頃に出会った2人。

 2人の出会いは幼稚園の頃。近所同士で2人の兄も幼なじみだから、南野と室屋は自然と仲良くなった。兄たちが熱中するサッカーについていき、弟の2人がボールを蹴り合う。性格は真逆で、負けん気が強く自分の想いを主張する南野に対し、大人しくて一歩引いた立ち位置の室屋。プレースタイルでも異なる個性を持っていた。

 南野がずば抜けたボールコントロールとシュートセンス、そしてドリブルで何人もかわしてゴールを量産すれば、室屋は豊富な運動量でピッチを駆け回った。両者の能力は群を抜いていた。

 しかし小学校、中学校と成長するにつれ、周りの目は南野に向けられた。

 ゼッセル熊取FCに所属した小6の時、南野はエースストライカーとして攻撃の中心となり、室屋はボランチとして攻守のバランスを司った。

 南野には多くのJクラブアカデミーから声がかかり、中学進学と同時にセレッソ大阪U-15に入団。一方、室屋はゼッセルのジュニアユースに進んだ。

【次ページ】 「拓実と自分とは天と地の差」

1 2 3 4 5 NEXT
室屋成
南野拓実
カタールW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ