サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

代表デビューから2年11カ月を経て。
初得点寸前、南野拓実が考えたこと。 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/09/15 17:00

代表デビューから2年11カ月を経て。初得点寸前、南野拓実が考えたこと。<Number Web> photograph by Getty Images

コスタリカ戦の南野拓実は攻撃面で幅広く関与した。その成長ぶりは、日本代表に新たな息吹を感じさせた。

小さくボールをまたぐ好調の証。

「良いボールが来たので、1タッチで打つか、トラップして打つか迷ったんですけど……。ボランチの選手があそこまで攻撃参加してパスを出してくれる、本当に、良いパスでしたし、感謝しています」

 試合後に南野が称えたのは、チームメイトのプレーだった。他にも中島や堂安がベンチに下がるときには、リーダーのように彼らのパフォーマンスをねぎらった。中心選手としての自覚と意気込みが表れた振る舞いは随所で見られた。

 そして、前半ロスタイムに右サイドに流れたときには、小さくボールをまたぐフェイントも披露した。ゴールを決めたり、調子の良いときによく出すプレーだった。

 ロシアW杯が終わり、森保一監督のもとで新たなスタートを切った日本代表の船出の中心に南野はいた。あとは、この試合の前から見せていたような振る舞いやパフォーマンスを継続的に見せること。それが今後、強く求められる。

3戦、2年11カ月かかった代表初ゴール。

 南野は、国際Aマッチ3試合目でゴールを決めた。その数字だけを見れば順風満帆そのものだ。ただ、初めて代表の試合に出場してからおよそ2年11カ月かかかってのゴールとも言える。

 果たして、彼はどう考えているのか。そう問うと、南野はこう答えた。

「そこに関してはどうでもいいですね。空いた期間……そこでは悔しい思いもしましたけど、全てはここからなので。これからもっと代表のユニフォームを着て、ゴールができればいいかなと思っています」

 若い選手にしかない武器は、過去の経験にすがることなく新たな歴史と時代を作っていくために強気に戦っていけるところにある。

 コスタリカ戦で見せたゴールへ迫る積極的なプレーに、ファウルをしてきた相手に向かっていくような強気な姿勢。それを失わなければ、南野にとっても日本代表にとっても、明るい未来が待っているはずだ。

関連記事

BACK 1 2 3 4
南野拓実
カタールW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ