野球のぼせもんBACK NUMBER

鷹の新1番打者・牧原大成は規格外!
“奇跡の育成世代”の遅れてきた男。

posted2018/09/12 08:00

 
鷹の新1番打者・牧原大成は規格外!“奇跡の育成世代”の遅れてきた男。<Number Web> photograph by Kyodo News

昨季の怪我からも完全復活し、今年はチームの原動力として活躍中の牧原大成。

text by

田尻耕太郎

田尻耕太郎Kotaro Tajiri

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 初球打ちの打率5割2分5厘。

 ホークスの新1番打者、牧原大成が超積極打法でヒットを重ねている。

 その男は突如一軍に現れた。7月8日に今季初昇格を果たすと、その日のオリックス戦(京セラ)に「8番セカンド」で即スタメン出場。するといきなり2安打の活躍し先制のホームも踏んだのだった。

 打てる二塁手はチームにとって待望だった。

 その頃のホークスは3位と4位を行ったり来たりのジリ貧状態。主力打者の不振が響き、脇を固める選手たちにも一定の打力が求められた。しかし、二塁手は、牧原出現までに6人もの選手が代わる代わる出場するも、こう言っては失礼だが五十歩百歩で、即マルチ安打の牧原の存在は際立つものだった。

千賀、甲斐という同期の存在。

 7月16日のライオンズ戦(ヤフオクドーム)。2安打して迎えた第5打席に、右翼スタンドへ飛び込む第1号本塁打を放ってみせた。

 プロ8年目にして嬉しいプロ初本塁打。

「最初は何が起きたのか分からなかった」と途中まで全力疾走でベースを回っていた。

 ホームランを含む猛打賞で計3打点。試合後はお立ち台に呼ばれた。本拠地のヒーローインタビューもまた、初めてだった。

 この試合、牧原はいつも以上に気合を入れて臨んでいたという。

「先発が千賀(滉大)でキャッチャーが(甲斐)拓也。育成で一緒に入った同期で、3人一緒にスタメンで出るのは初めてだったので」

【次ページ】 育成ドラフト出身がチームの主力へ。

1 2 3 4 NEXT
牧原大成
福岡ソフトバンクホークス
千賀滉大
甲斐拓也
工藤公康

プロ野球の前後のコラム

ページトップ