JリーグPRESSBACK NUMBER

鹿島帰還のジーコが求める自覚。
見守り刺激を与える「七味唐辛子」。

posted2018/08/23 16:30

 
鹿島帰還のジーコが求める自覚。見守り刺激を与える「七味唐辛子」。<Number Web> photograph by J.LEAGUE

ジーコスピリットが継承され続けてきた鹿島。その権化であるジーコTDは、今回の復帰で常勝軍団をどう導くのか。

text by

池田博一

池田博一Hirokazu Ikeda

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE

 8月4日、合流初日。練習前に監督、コーチ、選手の前で言葉をかけた。

「1位以外は意味がない」

「常に勝つための生活をしなければならない」

「常に勝つための準備を怠らず、真剣に練習に取り組むこと」

「一度優勝すれば、またもう一度と欲が出る」

「サッカーに不可能はない。まずは自分たちが可能だと信じることから始まる」

 伝えられたメッセージはシンプルだった。「勝利のために、全身全霊で取り組め」。その一言に集約されるものが並んだ。

 ジーコが鹿島アントラーズにテクニカルディレクター(TD)として帰って来た。

'02年以来のTD復帰と深いチーム愛。

「16年ぶりに戻れて非常にうれしく思っています。クラブから協力してほしいということに対して、全身全霊をかけて結果として示せればと思います」

 2002年以来の鹿島TD復帰に、「まさか戻って来るとは思っていなかった」とジーコ本人も驚きを見せるとともに、「このクラブを作り上げた1人として、離れていても常に気にかけて情報を把握していた。僕の人生の一部であるアントラーズの手助けになれれば」と深いチーム愛を表した。

 テクニカルディレクターといっても、クラブによって役割は変わるもの。ジーコ自身、今回の就任は、監督を支えながらチームをより良い方向へ導いていくため、と説明する。

【次ページ】 TDは監督の代わりではありません。

1 2 3 4 NEXT
鹿島アントラーズ
ジーコ

Jリーグの前後のコラム

ページトップ