マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

根尾昂と同じ野球&スキー二刀流。
上村和裕スカウトの根尾評が深い。 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2018/08/17 20:00

根尾昂と同じ野球&スキー二刀流。上村和裕スカウトの根尾評が深い。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

投手として、打者としての評価が目立ちがちだが根尾昂はフィールディングも一流なのだ。

守備、ランニングにスキーのメリットが見える。

 体の部分でいうと、ポイントはヒザ、足首、それに足の裏だという。

「たとえば、三遊間寄りのゴロを二塁に送球する時に、右足のスパイクの内側のへりをちゃんとエッジを引っかけて、体の動きを止めて投げられる。打球を追う勢いをエッジを効かせて止めているから、体が流れない。すごく安定した動きでボールを出しているから、セカンドも安心して次の一塁送球に移れる。

 高校生の併殺プレーは、手先だけでやってしまって引っかけた送球になることが多いでしょ。でも、根尾の併殺プレーは下から動けている。僕から見ると、そういうところがすごい」

 ベースランニングには、もっとはっきりした“メリット”が見えるという。

「真っ直ぐ走らせたら、藤原(恭大)なんでしょうけど、ベースランニングなら互角ですよ。根尾はコーナーのターンをすごく小さく回れます。これも、スキーのターンでエッジを効かせる動きを利用できている証拠。特に二塁から三塁回る時の小さなターンなんて、人が1点取れないとこで取れるんですから、ホームラン打てるのと同じか、近いぐらいの武器だと思いますよ」

「下半身が使える」という強烈な武器。

 さらに、二刀流スカウト・上村和裕の話はピッチング、バッティングへと及ぶ。

「高校生がプロに入って、最初に指摘されることって、たいていは『下半身が使えてない。上体だけで打つな、投げるな』なんです。金属バットだから、高校では腕っぷしだけでも飛ばせた。筋トレで鍛えた上体だけで投げても140出た。

 でも、プロだと下半身から初動を起こして、全身を使ってスイングしないと木のバットで痛烈な打球は打てないし、下半身の体重移動を利用したフォームでないと、インパクトでバットを粉砕できる生きたボールは投げられない。

 でも、根尾には、下半身主導でバランスよく、柔軟に動けるメカニズムが今から備わっている。あとは、スキーに一生懸命だったぶん、野球にまだ十分慣れてないんじゃないかっていう、その野球の感覚の問題だけじゃないですか」

【次ページ】 “野球”の外側の知で風を起こしてほしい。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

大阪桐蔭高校
根尾昂
上村和裕

高校野球の前後のコラム

ページトップ