野球善哉BACK NUMBER

敦賀気比左腕・木下元秀の3死球。
木更津総合封じの生命線が代償に。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/08/10 16:45

敦賀気比左腕・木下元秀の3死球。木更津総合封じの生命線が代償に。<Number Web> photograph by Kyodo News

サウスポーの右打者封じには内角攻めは必須。敦賀気比・木下元秀は3死球にも強気を貫いた。

今後はギリギリのストライクを。

 一見すると、東の一打が試合を決めたように見えるが、小池への1球がターニングポイントだったのは間違いない。しっかりと腕を振って投げた木下に対して、臆さなかった小池が1点を勝ち取ったことで木更津総合は勢いを得たのだ。

 とはいえ、木下はまだ2年生。果敢に勝負した経験は決して無駄なものにはならないはず。木下はこう巻き返しを誓っている。

「ああいう場面でインコースにぎりぎりのストライクを投げられるようにしないと打たれるということがこの試合で分かった。この悔しさを生かしていきたい」

 左投手にとっての生命線、インコースのストレート。

 この数センチの戦いこそが試合を制する重要なポイントなのだ。

<夏の甲子園 100回大会記念特集 PART I>史上最強高校を探せ。
コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

敦賀気比高校
木更津総合高校

高校野球の前後のコラム

ページトップ