野球善哉BACK NUMBER

敦賀気比左腕・木下元秀の3死球。
木更津総合封じの生命線が代償に。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/08/10 16:45

敦賀気比左腕・木下元秀の3死球。木更津総合封じの生命線が代償に。<Number Web> photograph by Kyodo News

サウスポーの右打者封じには内角攻めは必須。敦賀気比・木下元秀は3死球にも強気を貫いた。

打席で木更津総合が取った作戦。

 3回は小池、4回も山中稜真と、先頭打者に死球を与えた。木更津総合が意図的に死球をもらおうとしていたわけではないが、腰を引かない彼らの姿勢からは出塁への強い意志を感じた。実際、4回の攻撃では、山中の死球を皮切りに無死満塁の好機をつくり、6番・神山竜之介の犠飛で1点を先制している。

 この日2死球の9番・小池はこう話していた。

「下位打線なので、ヒットよりフォアボールやデッドボールで出塁することが大事だと思っています。バッターボックスではインコース寄りに立って、相手投手に投げづらくさせる。今日は相手投手が左投手でインコースに投げてくるので、思い切り寄ってやろうという気持ちはありました」

 大きなターニングポイントとなったのは、冒頭の6回の場面だ。先頭の太田翔梧が左翼前安打で出塁すると、1死後、田中斗暉也(ときや)、大曽根哲平の連打で満塁として小池を迎えた。

 敦賀気比はこのとき、前進守備を敷いた。ここは1点もやれない勝負所とみていたのだろう。両者にとって、小池の打席は大きな意味を持っていた。

監督はエースをかばっていた。

 結果は2-2からの6球目、ユニフォームをかすめる死球だった。押し出しで1点を献上した敦賀気比は、この回一挙6点を奪われた。

 木下は唇をかんでこう話した。

「インコースのぎりぎりのストライクを投げなければいけないのに、デッドボールになってしまった。自分の力不足です」

 木更津総合の小池がインコースを投げづらくしていたとはいえ、それが野球の勝負というものだ。ただ、敦賀気比の東哲平監督は木下をかばっていた。

「審判の方がデッドボールと判定しているので、デッドボールだと思いますが、インコースを攻めていかないといけない。(デッドボールは)仕方ないことなのかなと思います」

【次ページ】 今後はギリギリのストライクを。

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

敦賀気比高校
木更津総合高校

高校野球の前後のコラム

ページトップ