JリーグPRESSBACK NUMBER

4人連続で新潟の主将が他クラブへ。
なぜ今、磯村亮太がJ1長崎移籍? 

text by

大中祐二

大中祐二Yuji Onaka

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE

posted2018/08/05 08:00

4人連続で新潟の主将が他クラブへ。なぜ今、磯村亮太がJ1長崎移籍?<Number Web> photograph by J.LEAGUE

アルベルト・ザッケローニ監督体制下の日本代表に招集された経験を持つ磯村亮太。このタイミングで新潟を離れることになった。

三門、大井、小林、大野、磯村。

 チームのキャプテンには、今月34歳になるベテランMF小川佳純が新たに就いた。「サッカーをやってきて、初めてキャプテンになる」という小川の言動での発信の仕方、キャプテンシーは、磯村とはまた異なる。富澤が言う通り、磯村の代わりはいない。だが、次の試合はやってくる。

 最後に。これで新潟は大井健太郎('16年に磐田へ)、小林裕紀('17年に名古屋へ)、大野和成('18年に湘南ベルマーレへ)に続いてキャプテンが移籍することになった。3年連続で4人のキャプテンの移籍は、積み上がっていかないクラブの体質を暗示する。

 特に、昨シーズン終了後の大野の移籍だ。新潟県出身でクラブの下部組織に育ち、一昨シーズン終了後にはクラブの現状に強い危機感を持つからこそ、いち早く契約更新をした。その彼が、1年後、新潟を去った。

 アルビレックスとは何か。新潟とは何か。シーズン真っ最中である今、立ち止まって考える時間はない。だが、それを問うことをしないで、前に進めるとは思えない。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

アルビレックス新潟
磯村亮太
三門雄大
大井健太郎
小林裕紀
大野和成
V・ファーレン長崎

Jリーグの前後のコラム

ページトップ