SCORE CARDBACK NUMBER

イニエスタ最大の価値は、「消費されない」スタイル。~ジーコ、ドゥンガ級の価値をすでに見せつつある~ 

text by

北條聡

北條聡Satoshi Hojo

PROFILE

photograph byKYODO

posted2018/08/04 16:00

イニエスタ最大の価値は、「消費されない」スタイル。~ジーコ、ドゥンガ級の価値をすでに見せつつある~<Number Web> photograph by KYODO

デビュー戦は0-3で敗れたが、試合後は「今日という日が、これから始まる素晴らしい物語の第一歩になった」。

 名はイニエスタ、あだ名はイルシオニスタ――。この夏、ヴィッセル神戸に加入したスペインの「手品師」が、ついにJリーグのピッチに立った。

 デビュー戦は7月22日の17節。ノエビアスタジアム神戸での湘南ベルマーレ戦だ。後半から途中出場し、30分余りプレー。見せ場もあったが、試運転の域を出なかった。

 もっとも、本領発揮はこれから――という愚にもつかない結論はピッチ内だけのお話。ホームゲームはもとより、他クラブの神戸戦のチケットも飛ぶように売れている。すでに収益面の効果は絶大なのだ。

 とはいえ、イニエスタの最大の商品価値は「消費されない」ところにあると思う。カネや成績といった右から左へ消えていく短期的な数字ではない。長く生き続ける「資産」をもたらす存在なのではないか。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

ヴィッセル神戸
アンドレス・イニエスタ

Jリーグの前後のコラム

ページトップ