ワインとシエスタとフットボールとBACK NUMBER

ティキタカの終焉とサッカーの進化。
オシムが語る、決勝前に考えるべきこと。
 

text by

田村修一

田村修一Shuichi Tamura

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama/JMPA

posted2018/07/15 11:00

ティキタカの終焉とサッカーの進化。オシムが語る、決勝前に考えるべきこと。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama/JMPA

全選手の中で最も長く走っていると言われる選手が32歳のルカ・モドリッチ。6試合で604分間プレーし、約63キロを走り抜いている。

“ティキタカ”の時代は終わった。

「モスクワはヨーロッパからも日本からもそう近いわけではない。それでも多くのサポーターがロシアを訪れ、ワールドカップを楽しんだ。

 組織・運営はしっかりしていて、ピッチもスタジアムの雰囲気も素晴らしかった。

 プレーのレベルも高くとても興味深かった。

 レフェリーの技術も向上しているが、サッカー大国やビッグスターへの判定と、いわゆる小国に対する判定に今も隔たりがあるのは残念なことだ。そこはFIFAがこれから改善していかねばならないことだ。

 今のところ……総じてサッカーは適切な方向へと進んでいるように見える。“ティキタカ”は終わりを告げ、スピーディで動きに溢れたスタイルが主流となった。

 それでは、サリュウ」

――メルシー、イバン。

日本代表 未来への扉。

Sports Graphic Number 2018/7/17特別増刊

日本代表 未来への扉。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

イビチャ・オシム
マリオ・マンジュキッチ
アマル・オシム
ロシアW杯
ワールドカップ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ