オリンピックへの道BACK NUMBER

「怖い怖い」から「ガツンと本気」に。
モーグルの伊藤みき、もう一度挑戦! 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byShino Seki

posted2018/07/08 08:00

「怖い怖い」から「ガツンと本気」に。モーグルの伊藤みき、もう一度挑戦!<Number Web> photograph by Shino Seki

トリノ、バンクーバーと五輪での活躍を経て、ソチでは怪我で無念の棄権に。北京冬季五輪で、3度目の正直となるか。

挫折もあったけど、新たな発見も沢山あった。

 今までも、大小さまざまな経験を重ねてきた。その中から得るものを得て、世界トップを争う位置にもたどり着くことができた。

 オリンピックを逃したダメージは、決して小さくない。しかし一方で、新たな発見も少なからずあった。それが先へ進む力となる。

 先日、北野建設スキー部の全体合宿に参加した。昨シーズンが終了してから、初めて身体を動かす機会だった。

「いろいろな種目の選手との合宿でした。それぞれの種目の選手が、それぞれに必要なトレーニングをしていて、じゃあモーグルに必要な練習は何だろうと考えたり、トレーニングの原点を感じられました。何よりも、ライバル心もなくお互いをよりよくするための時間は新しい感覚でしたし、大きな春のはじまりでした」

 いろいろな思いを胸に再スタートを切った伊藤は、笑顔でこう語った。

「次はもう、逃げないと思います。最後、ガツンと本気を見せたいですね」

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

伊藤みき
平昌五輪
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後のコラム

ページトップ