フランス・フットボール通信BACK NUMBER

開幕2日前に解任も結局1位突破。
スペインにイエロ監督は必要か? 

text by

ティエリー・マルシャン

ティエリー・マルシャンThierry Marchand

PROFILE

photograph byFranck Faugere

posted2018/07/01 07:00

開幕2日前に解任も結局1位突破。スペインにイエロ監督は必要か?<Number Web> photograph by Franck Faugere

セルヒオ・ラモスキャプテンの下、全員が上下の差無くプレーしているのが、今のスペイン代表である。

残る不安はイエロのコーチング能力だけ。

 唯一疑問が投げかけられているのが、イエロのコーチング能力である。

 はたして彼は、適切な瞬間に適切な指示を出すことができるのか。試合中の選手交代は、ピッチ上の選手にはどうしようもない。

 ポルトガル戦では相手が攻撃の選手しか交代しなかったこともあり、最後の20分間のスペインは守備に重きを置かざるを得なかった。

 3対3という結果は、大きな大会におけるスペインのスタートのまずさを継承している(初優勝を遂げた南アフリカワールドカップではスイスに敗れ、連覇を果たしたEURO2012はイタリアと引き分け)。

 ただ、今後の展開については、ロハの前に常にクリスティアーノ・ロナウドが立ちはだかるわけではないのだから……。

西野ジャパン23人の真実。

Sports Graphic Number 2018/7/9特別増刊

西野ジャパン23人の真実。

 

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
ジェラール・ピケ
フレン・ロペテギ
アンドレス・イニエスタ
イスコ
セルヒオ・ラモス
ジエゴ・コスタ
ダビド・シルバ
ルイス・ルビアレス
バルセロナ
レアル・マドリー
ロシアW杯
ワールドカップ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ