バスケットボールPRESSBACK NUMBER

希望の八村塁、安定のファジーカス。
崖っ縁バスケ代表を変えられる2人。 

text by

永塚和志

永塚和志Kaz Nagatsuka

PROFILE

photograph byYuki Suenaga

posted2018/06/22 11:00

希望の八村塁、安定のファジーカス。崖っ縁バスケ代表を変えられる2人。<Number Web> photograph by Yuki Suenaga

韓国との1戦目はファジーカスが28得点、八村塁が17得点と、2人で日本の総得点の半分以上をあげる活躍を見せた。

ラマスHCも2人に大きな期待を寄せる。

「希望」が帰ってくる――。

 日本バスケットボール協会は、そんな若干くすぐったい文句と八村の写真が大きく使われたポスターを作っている。20歳の大学生に無用な重圧を与えはしないかとも思うが、当人は「それは外でやっていること」と意に介さない。そもそも、彼が「希望」であるのは事実であるといえば事実だ。

 八村が「希望」なら、ファジーカスはなんであろう。よもやポスターの宣伝文句にはなりにくいであろうが「安定」か。

 久々に勝利した高揚感もあっただろうか。フリオ・ラマス日本代表ヘッドコーチが韓国との第1戦後、言わずとも良いことを口にした。

「ウィンドウ1と2に彼らが合流していたら、まったく違う結果だったと思う」

 本音だろう。それくらいファジーカスと八村の加入は日本代表のバスケを根幹から変えてしまう。

 ラマスだけではない。「崖っぷち」という言葉は使いながらも、選手たちの口ぶりはどこか軽いように感じられた。良い意味でだ。

 多くのファンも、2人の加入で悲壮感が薄まったのではないか。

 ウィンドウ3のオーストラリア戦と台湾戦が楽しみになってきた。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
八村塁
ニック・ファジーカス
フリオ・ラマス

バスケットボールの前後の記事

ページトップ