サッカー日本代表「キャップ1」の男たちBACK NUMBER

元代表・吉原宏太から西野ジャパンへ。
「だからすぐ次に夢をつくらないと」

posted2018/06/19 11:00

 
元代表・吉原宏太から西野ジャパンへ。「だからすぐ次に夢をつくらないと」<Number Web> photograph by JFA

コパ・アメリカでA代表としてプレーする吉原宏太。当時、W杯での連続決勝T進出国だったパラグアイに0-4で負けた。

text by

吉崎エイジーニョ

吉崎エイジーニョ“Eijinho”Yoshizaki

PROFILE

photograph by

JFA

 時差ボケで頭がぼーっとしたままの感覚。夢だった日本代表になれたという高揚感。そしてパラグアイが強すぎて歯が立たない衝撃。

 吉原宏太にとってのたった一度の日本代表は、感覚が複雑に入り混じったままに過ぎていった。

「ホームで戦う南米のチームは、日本での親善試合で戦う時とまったく印象が違いました。赤い縦縞が相手をより強く見せる印象で。日本は大会を通じても三浦アツ(淳寛)さん、伊東テル(輝悦)さん、望月(重良)さんら数名を除いて、まずフィジカルで相手になっていない状況でしたから」

 1999年7月2日、日本代表が特別参加したコパ・アメリカ(南米選手権)パラグアイ大会の第2戦。ホームチーム相手に0-4で敗れた試合で、人生最高の舞台に立った。時間にして25分だった。大会直前に同じFWの中山雅史が負傷。初戦のペルー戦(6月29日)に2-3で敗れた後に、追加招集によって巡ってきたチャンスだった。

「夢が叶っても、絶対にそこで挑戦をやめないで」

 1978年生まれの吉原は現在、プロで最初の所属クラブのある札幌に暮らす。コンサドーレ札幌を応援するメディア活動と合わせ、同クラブのスクールで指導する日々だ。

 子どもたちにこう話すことがある。

「夢が叶っても、絶対にそこで挑戦をやめないで。すぐに頭を切り替えて、次があると思おう」

 自身が悔いている点だ。子供の頃から夢だった日本代表になれた。しかしそこですぐに頭を切り替えて、次のことを考えられなかった。

 シドニー五輪代表としてのイメージも強い吉原にとって、フル代表の「キャップ1」は今でもそうやって子どもたちに語り継ぐほど色濃い経験だ。

 日本代表の歴史の中で唯一の存在なのではないか。たった一度のAマッチキャップが南米のチームがワールドカップばりに力を入れる公式戦で、それもアウェーゲームだった、という男は。

【次ページ】 「“街の快挙”ととらえてくださった」

1 2 3 4 5 NEXT
吉原宏太
中村俊輔
中山雅史
フィリップ・トルシエ
北海道コンサドーレ札幌
ガンバ大阪
西野朗
ロシアW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ