ミックスゾーンの行間BACK NUMBER

本田圭佑はW杯で先発すべきか。
本人に聞いた“ズレ”と守備強度。
 

text by

西川結城

西川結城Yuki Nishikawa

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2018/06/12 07:00

本田圭佑はW杯で先発すべきか。本人に聞いた“ズレ”と守備強度。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

ガーナ、スイス戦と結果を残せなかった本田圭佑。3度目のW杯のピッチに立てるのか?

長友が本田に要求していたこと。

 筆者はこれまで何度も本田を取材してきた。彼がいつ何時でも、ポジティブシンキングを忘れない選手、そして人間であることは百も承知だ。この日も、その後は「脳の中にポジティブなワードを入れていく」とか、「今はチームのことを考えている。でもエゴも必要。チームのバランスのことを考えているけど、バランスを崩した時にサッカーはうまくいく時もある」など、前向きで、“自分”を強く押し出す発言を残していった。

 本田の選手人生、本田圭佑という人間の生き方、ブランディングは、有言実行あるのみである。失敗も数多くしてきた。それを彼は財産とし、糧とする。その度に、熱のある言葉を何度も耳にしてきた。

 目に見える結果、プレーで言えば、今の本田は代表選手としてまったく物足りない。そしてそれを率直にぶつけると、彼は現状を認めつつも、当然反骨心を露わにした。すべて想定内である。

 あとは、彼が自分で語った言葉を実践していくか。それとも、屈するか。ロシアの地で、結果は明らかになる。

 最後に、本番を前に誰よりも危機感を声高にする長友が、こんなことを話していた。

「圭佑なんかもまだまだ走んなきゃいけないし、もっとミスを減らしてくれないとチームは勝てない。彼にパフォーマンスを上げてもらなわいと、このチームは勝てない。僕らベテランが出ている意味もなくなる」

 プライドも大事だ。ただ、今は尻に火がついていると思ってもらっていい。いや、思うべきだ。

 本田圭佑。

 ネームバリューや経験、看板による先発起用など必要ない。今は彼の好きな逆境である。日本の結果につなげ、そこで彼の存在を誇示する。そのためには汗をかき、結果を出すのみである。

日本代表、全力で闘え!

「Amazon」で購入

Sports Graphic Number 953

日本代表、全力で闘え!

【ロングインタビュー】 大迫勇也/吉田麻也
【それぞれの決意】 長谷部誠/原口元気/岡崎慎司/酒井宏樹

目次ページへ

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5 6
本田圭佑
西野朗
香川真司
乾貴士
武藤嘉紀
大迫勇也
ロシアW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ