“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

結婚式8日後に無所属からの正GK。
J2山口・藤嶋栄介、激動の5カ月間。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTakahito Ando

posted2018/06/11 12:50

結婚式8日後に無所属からの正GK。J2山口・藤嶋栄介、激動の5カ月間。<Number Web> photograph by Takahito Ando

藤嶋栄介は第18節まで全試合フル出場中。GKとしてプレーできる日々に喜びを感じている。

山口のオファーに「頑張ってこいよ!」

 熊本のトレーニングには1月末まで参加させてもらった。この時はもう何も考えられないし、将来が見えなかった。その姿勢が再び“拾う神”を導いた。1月末のこと。藤嶋がこの日も練習参加すべく、熊本のクラブハウスに到着したとき、1本の電話が入った。彼の代理人からだった。

「栄介、山口から再びキャンプ参加の話をもらった。今日の午後練習から参加をしてくれないか」

 藤嶋は電話を切ると、すぐにクラブハウスに行って澤村を始め、渋谷監督、織田GMらに「急遽レノファの練習に参加することになりました。僕としては参加して入団を掴みとってきたいと思います」と話した。

「みんな喜んでくれて、スタッフの皆さんも『頑張って来いよ!』と言ってくれた。涙が出そうだったし、渋谷監督は『開幕戦に出たら、ウチに勝たせろよ!(笑)』と笑いながら言ってくれた。それで自分はやるしかないと思った。もう一度キャンプ参加の話が消えたとかどうでも良かった。ロアッソのおかげでコンディションも良かったし、もう自分のやれることを思い切りやろうと思った」

 温かく送り出してくれた熊本のためにも、そして自分、結婚した妻、心配してくれた仲間のためにも。『なりふり構わず』に山口のキャンプの最終日を含めた3日間に参加した藤嶋に、念願の言葉が届いた。

4年間の中で1度もなかった喜びが。

 最終日の母校・福岡大との練習試合に出場した後、石原正康GM、霜田正浩監督、土肥洋一GKコーチに呼ばれると、「これから一緒に戦おう」と伝えられた。

「もうこれまで味わったことがないような喜びが湧いてきました。お世話になったいろんな人の顔が浮かんだ」

 すぐに熊本に電話を入れると、全員が喜びを伝えてくれた。澤村からは「一生懸命取り組めば、こうして見てくれる人がいる」という言葉をもらった。

 2018年2月2日。藤嶋は正式に山口に加入することが決まった。タイキャンプでは終始安定したパフォーマンスを見せると、プレシーズンマッチでも出番がやって来た。

「これまで怪我を途中でしたけど、プレシーズンマッチをすべて含めてきっちりとこなすことができた。これは4年間の中で1度もなかったことだった。そう考えても、これまでの自分がいかに甘かったのか改めて痛感した」

【次ページ】 「出番が与えられた1試合に集中する」

BACK 1 2 3 4 5 6 NEXT
藤嶋栄介
レノファ山口
ロアッソ熊本

Jリーグの前後のコラム

ページトップ