サッカー日本代表 激闘日誌BACK NUMBER

ジャーナリスト田村修一が目撃した激闘の記憶 

text by

田村修一

田村修一Shuichi Tamura

PROFILE

photograph byShinji Akagi

posted2018/04/06 10:00

ジャーナリスト田村修一が目撃した激闘の記憶<Number Web> photograph by Shinji Akagi

ワールドカップ初出場の夢が断たれ、ピッチに座り込むラモス瑠偉ら代表メンバー1人ひとりに声をかけてまわるオフト監督。

自らの質問に感じたナイーブさ。

 熱に浮かされていた私は、10月とはいえ日差しの強いシェラトン・ドーハのプールサイドでボラに聞き返した。ほとんど叫びに近かった。

「あなたは経験、経験というが経験とはいったい何なのか!?」

 そのときは沈黙した彼の10数年越しの答えが、前述のコメントだった。経験が足りないのは、選手や協会だけではない。メディアを含め、サッカーに関わるすべての人間の経験が足りない。ボラの目の前に立ち、いたずらに彼に思いのたけをぶつける私自身こそがナイーブな存在だった。

 日本がワールドカップに出場するために何が足りなく、それを埋めるためにジャーナリストとして私は何をしなければならないのか。ドーハ以降、そればかりを強く考えるようになった。

 日本代表に思いを寄せる人間は、誰もが同じだったと思う。ジャーナリストとしての私の原点はドーハにある。

関連記事

BACK 1 2 3
ラモス瑠偉
三浦知良
中山雅史
ハンス・オフト

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ