“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

なぜ代表にFKの名手が不在なのか?
中村俊輔と母校で考えた環境の話。

posted2018/04/05 11:30

 
なぜ代表にFKの名手が不在なのか?中村俊輔と母校で考えた環境の話。<Number Web> photograph by Takahito Ando

桐光学園サッカーグラウンドのベンチにて。左から、佐熊裕和元桐光学園サッカー部監督、中村とその1年後輩の井手口純。

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph by

Takahito Ando

 薄暗い照明、黒色の土のグラウンド――1人の選手がボーっと薄く浮かび上がるように立っていた。

 雨上がりでグラウンドには、まだあちらこちらに水たまりが残っており、その選手はスパイクもソックスも泥だらけになりながら、ただ黙々とボールを蹴り続けていた。

 高校を卒業し、大学入学と同時にサッカージャーナリストになることを夢見て筆者が活動を開始した頃に見た風景だ。

 強豪校としてメキメキと頭角を現し始めていた桐光学園の“ナンバー10”中村俊輔を見るべく、そのサッカー部のグラウンドを訪れていた。当時、まだ大学生だった私はグラウンドの中での取材ができず、孤独の中で練習に励む中村を、同じく1人で遠くから見つめていた。

 全体練習が終わり、多くの部員達が引き上げてからも彼はグラウンドに残り、FKの練習をひたすら行っていた。

 1人でボールを数個抱えて一箇所に集め、ゴールに向かってただただFKを蹴る。

 やがて蹴るボールが無くなると、ゴールに入ったボールや外れてグラウンドの一番奥まで転がっていったボールをひとつずつ回収して、再び場所を変えてFK練習を行い、またボールを回収して……。

 次第にボールは泥で重くなり、真っ黒になっていった。

 すると急にしゃがみ込んで、ボールを抱えた。「何をやっているんだろう?」と目をこらして見てみると、彼は素手でボールをひとつずつ丁寧に磨いていた。全部のボールの泥を落として磨き終えると、再び何事も無かったかのようにFKを蹴り始めた。

中村俊輔を育てたグラウンドが人工芝に。

 まさに「黙々と」という言葉そのままに、何かに取り憑かれたかのようにひたすらFKを蹴っていた中村俊輔。

 あれから21年の歳月が流れて――2018年4月2日。

 彼が汗を流していた桐光学園高校サッカー部グラウンドは、緑色が映える綺麗な人工芝グラウンドとなっていた。

 この日、サッカー部グラウンドが人工芝化されたことでの完成記念式典が行われることになっていた。中村はそこに、OBとして出席していた。

【次ページ】 「上手くなる選手はあまり環境に左右されない」

1 2 3 4 5 NEXT
中村俊輔
桐光学園高校
佐熊裕和
横浜F・マリノス
ジュビロ磐田
ロシアW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ