球体とリズムBACK NUMBER

マリノスの超前衛戦術は実を結ぶか。
“偽SB”山中亮輔が語る怖さと自信。 

text by

井川洋一

井川洋一Yoichi Igawa

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/03/06 10:30

マリノスの超前衛戦術は実を結ぶか。“偽SB”山中亮輔が語る怖さと自信。<Number Web> photograph by Getty Images

典型的なサイドバックだった山中亮輔が、今季は中央にも入り込んでプレーしている。マリノスの挑戦は実を結ぶか。

目指すスタイルの実現は近づいている。

 そのチームで最も特徴的な動きを担うひとり、山中は敗戦の悔しさを滲ませながらも、足元へ向けていた視線を前に戻した。

「今日に関して言えば、全体の精度が足りなかった。良いサッカーができているだけじゃダメだと思うし、ポゼッションができても勝てないと……。でもこのチームは始動して、まだひと月ちょっと。目指すスタイルを表現できているところもあるので、監督を信じて、ブレずにやっていきたいです」

 山中は今季のシティのレフトバックのひとり、ファビアン・デルフの動きを参考にすることがあるという。あの左利きの元セントラルMFから「(ボールの)受け方とか落ち着き」を見習い、日本における偽のサイドバックの先駆者になれるか。

 マリノス・サポーターだけでなく、生まれ育った街の濃いサッカー好きたちも誇らしくなるような。

関連記事

BACK 1 2 3
横浜F・マリノス
山中亮輔
細貝萌
アンジェ・ポステコグルー
マンチェスター・シティ

Jリーグの前後の記事

ページトップ