プロ野球亭日乗BACK NUMBER

東京五輪のナインが見えてきた!
2年後が楽しみになった侍J強化試合。 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/03/06 11:00

東京五輪のナインが見えてきた!2年後が楽しみになった侍J強化試合。<Number Web> photograph by Kyodo News

第2戦で活躍した22歳の上林。“稲葉2世”の呼び名の通り、勝負強い打撃を見せてくれた。

すでに五輪を強く意識してプレーする選手達。

 12球団の主力とスター選手が揃う代表だが、全員が3番や4番ではチームとしてのつながりを失う。

 それだけに振り回すだけではなく、安打を打ててなおかつ、必要なときにはつなげる打者をいかに見出していくか。

「バントや進塁打など、このメンバーの中でも役割を理解している。チームに帰っても続けられれば、ジャパンでのつながりを求める場面で必要な選手になる」

 稲葉監督の松本評だ。

 一方、第2戦では不発のクリーンアップを救ったのが野手最年少の22歳、上林だった。

 初回の2死満塁では必死に走って投前適時打で1点を奪うと、9回には左中間を破る二塁打でパワーも見せつけた。打撃フォームが似ていることから“稲葉二世”と呼ばれる監督の秘蔵っ子も、2年後の侍の中心へとイメージを膨らませる素材であることは間違いない。

「コメントを聞いていますと、選手が『オリンピックに向けて』とみんな言ってくれていますので、少しずつそういう意識を持ってくれているのかなと感じています。すごくいいことだと思っています」

 開幕直前にフル代表の試合を組むことには賛否がある。ただ、これだけのファンが集まり、そして選手の視線の先には2020年の東京五輪でのメダルが見据えられている。

 2年後のチームのイメージが作れたことに、この2試合の意味は十分にあった。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

稲葉篤紀
筒香嘉智
柳田悠岐
千賀滉大
秋山翔吾
松本剛
上林誠知
堀瑞輝
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

プロ野球の前後のコラム

ページトップ