炎の一筆入魂BACK NUMBER

タナキクマルがいれば広島は安泰。
28歳の3人は若手の最高の教材だ。

posted2018/03/06 07:00

 
タナキクマルがいれば広島は安泰。28歳の3人は若手の最高の教材だ。<Number Web> photograph by Kyodo News

昨季は丸がMVPと最多安打、田中が盗塁王に最高出塁率、菊池も5年連続のゴールデン・グラブと多くのタイトルを獲得した。

text by

前原淳

前原淳Jun Maehara

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 広島春季キャンプを見ていて、ふと中学時代の理科の授業で教わった「3点支持」を思い出した。

「物体を安定させるには、最低3点以上必要である」

 新シーズンへ向けて他球団の新戦力情報が連日のように流れてくる中、広島の一軍キャンプに参加している新戦力は新外国人のレオネル・カンポス1人。見た目に分かりやすい戦力の上積みはほぼない。

 それでも春季キャンプで不安を感じさせなかったのは、今やチームの顔となった田中広輔、菊池涼介、丸佳浩のタナキクマルの存在にあったように感じる。上積みがなくても、チームに根付いた高い競争意識が雰囲気をつくっていた。

 丸が右肩の可動域の影響でスローイングを要するメニューから外れ、菊池もキャンプ終盤に首の張りから数日別メニューになることもあった。万全ではなかったものの、当然のように彼らは全体練習のメニューに組み込まれていた。

 早出や居残りでの練習が免除になることはあるが、それでも彼らは自主的に動く。若手が居残り練習する間、使っていない施設を使って打ち込む姿が見られた。

 彼らは当たり前のようにグラウンドで駆け回り、当たり前のように結果を残してきた。決して手を抜かず、違いを見せた。

広島は3人を特別扱いしない。

 主力選手が全体メニューから外れ、限られたメニューに参加しながら、自分のペースで仕上げていくことも珍しくはない。

 ただ、広島では攻守の要である彼ら3人に、他球団で見られるような特別扱いはない。

「当たり前のことをやっているだけですよ。まだ若いですし、やらないといけない時期ですから」と丸は言う。3人は同学年の28歳(菊池は3月に誕生日を迎える)。若くして主力になった好影響とも言える。

 ただそれは同時に、巨大な重圧を背負うことも意味する。

【次ページ】 広島の猛練習という伝統を体現する3人。

1 2 3 NEXT
田中広輔
菊池涼介
丸佳浩
広島東洋カープ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ