ミックスゾーンの行間BACK NUMBER

「ブラジルW杯前と、状況は同じ」
森重真人、復活へのロードマップ。

posted2018/02/27 17:00

 
「ブラジルW杯前と、状況は同じ」森重真人、復活へのロードマップ。<Number Web> photograph by Getty Images

日本代表として国際Aマッチで41試合プレーしている森重。その経験は、必ずロシアW杯でも役に立つはずだ。

text by

西川結城

西川結城Yuki Nishikawa

PROFILE

photograph by

Getty Images

 踏んだり蹴ったりの2017年シーズンが過ぎ去った。森重真人は、勝負の2018年シーズンを戦おうとしている。

 いまから1年前、森重からは「危機感」という言葉が繰り返し放たれた。

 所属するFC東京はなかなかタイトルを獲得できないシーズンが続く。'17年は大久保嘉人や高萩洋次郎、林彰洋など各ポジションに実力者を獲得し、満を持してリーグタイトルを本気で奪いにいった。周囲の注目と期待が高まる中、自らにも言い聞かせながらこのように語った。

「確かに選手は加わったけど、僕たちはまだ何も成し遂げていない」

 誰よりもタイトルへの思いを強く抱いて、シーズンインしたはずだった。しかし、徐々にチームは安定感を欠いていく。多くのタレントが持つ、さまざまなサッカー観。チームとしてそれを1つに束ねられないまま試合を重ねていき、FC東京は混迷の道に入り込んでしまった。

 森重個人も、そんなチームに引っ張られるように調子を落としていった。

 リーグ戦でもピリッとしないプレーで失点に絡み、若い頃から指摘されてきた集中力の欠如が再びクローズアップされることもあった。

代表で長らくCBとして活躍してきたが……。

 一方、日本代表としての戦いも並行していた。

 '17年3月には、ロシアW杯最終予選アウェーでの大一番となったUAE戦を戦い、2-0で快勝した。ただこの試合で先発した森重は、自身のポジションから相手に崩される場面もあるなど、本来の出来とは言えなかった。

 4月、5月と、FC東京も森重個人も状態は上がらず――。

 そして6月の日本代表2試合のメンバーから、遂に選外となってしまった。

 '13年7月の東アジアカップ以降、ザックジャパン、アギーレジャパン、そしてハリルジャパンと3体制にわたって不動のセンターバックとしてプレーしてきた。

 約4年ぶりの代表落ちである。

【次ページ】 代表では昌子、槙野、吉田らと競争。

1 2 3 4 5 NEXT
森重真人
FC東京
昌子源
槙野智章
吉田麻也
チャン・ヒョンス
ロシアW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ