Number PLAYBACKBACK NUMBER

星野仙一、落合博満、アライバ。
荒木雅博と中日と2000安打の軌跡。

posted2018/03/04 17:00

 
星野仙一、落合博満、アライバ。荒木雅博と中日と2000安打の軌跡。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

自信家が多いプロ野球界において、荒木のような存在は異質かつ、人々の心を打つ。

text by

鈴木忠平(Number編集部)

鈴木忠平(Number編集部)Tadahira Suzuki

PROFILE

photograph by

Takuya Sugiyama

2017年、球界では日米通算も含め4人の2000本安打達成者が生まれた。
その中で最もホームランの少ない到達者が中日・荒木雅博。
単に打撃の勲章か――。その生き様は「2000本」の意義を問い直す。
Number939号(2017年11月9日発売)掲載の記事を全文掲載します!

 晴れの塁上でもなお、ユニホームは泥にまみれた。6月3日、楽天戦。第2打席の初球。謙遜を示すように短く持ったバットで白球を弾き、静かにライトの芝へ落とした。通算2000本目のヒットを祝して、本拠地ナゴヤドームが揺れる。花束と拍手。控えめなお辞儀をもってセレモニーは終わった。それでも一塁へと戻った主役に向けられたフラッシュは止まない。

 祝賀の余韻が残るそんなムードを打ち破ったのは矢のような牽制球だった。日本シリーズMVP投手・美馬学が半回転して放る。39歳のランナーが頭から戻る。1球、2球……。いつしかフラッシュが止み、ざわめきが起こる。美馬が3度目の牽制を放った頃には主役は泥だらけになっていた。かつて名球会入りの塁上でこれほどユニホームを汚した選手がいただろうか。

 楽天バッテリーが本気で刺そうと思っていたのかどうかはわからない。ただ、荒木雅博を塁上に迎えたなら、確かにそうしなければ不自然だ。彼はいまだ最大レベルの警戒を要する走者なのだから。そして、野球人生最大の喝采は金字塔のバットよりもむしろ、その“止まらない足”にこそ贈られるべきなのかもしれなかった。

半詰まりで二塁の頭の上、が最高。

「どうしたら打てるかは説明できないけど、その代わり、こうやったら打てないよっていうのはみんなに言える。一番気持ちいいのはホームランじゃなく、半詰まりで二塁の頭の上に打った時かな」

 熊本県菊池郡にある菊陽中学校。初めて野球選手となったのはこのグラウンドにおいてだった。恩師・丸山伸一が記憶をたぐる。ただ、どうしても脳裏に浮かぶのはバットでなく、彼の走る姿なのだという。

「まさかプロに行くとは思いませんでした。だから2000本も打つなんて思うわけないでしょう(笑)。とにかく打球は飛びませんでした。でも彼を見ていると野球は走るものなんだ、と思わされました」

【次ページ】 名門・熊本工ではずっと先頭を走った。

1 2 3 4 5 6 NEXT
中日ドラゴンズ
荒木雅博
星野仙一
落合博満
井端弘和

プロ野球の前後のコラム

ページトップ