オリンピックPRESSBACK NUMBER

「4年後は私にはないと思うので」
スマイルジャパンを支えた2人の魂。 

text by

神津伸子

神津伸子Nobuko Kozu

PROFILE

photograph bySunao Noto/JMPA

posted2018/02/22 07:00

「4年後は私にはないと思うので」スマイルジャパンを支えた2人の魂。<Number Web> photograph by Sunao Noto/JMPA

スイスの選手と激しく競り合うスマイルジャパンの足立友里恵。平昌五輪での1勝は未来を開く1勝だった。

同じメンバーで戦うことはもうない。

 さて、足立の家族。

 彼女の集大成を観るために「全員、平昌まで来ていました」という。

「家族は、私がチームのために頑張っている姿をいつも見てくれていました。『友里恵がベンチの中にいる姿を見るだけでも、励みになるんだ』と、言い続けてくれました」

 足立がどこにいても、その姿は多くの人々を励まし続けた。その時間も、ひと区切り。

 スマイルジャパンとして、現チームでのぞんだ最後の試合。同じメンバーで公式戦を戦うことは、おそらくもう無い。

 両ベテランの表情が、眩しかった。そして、全てのスマイルジャパンメンバーに、心からありがとう。

 顔いっぱいのスマイルで、胸を張って帰ってきて欲しい。歴史的勝利は、“次”に向けての、とてつもなく大きな一歩になったのだから。

 更なる大きな希望と責任が、新スマイルジャパンにバトンタッチされる。

<平昌五輪直前総力特集>最強のふたり。
コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

足立友里恵
小野粧子
平昌五輪
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後のコラム

ページトップ