オリンピックPRESSBACK NUMBER

「4年後は私にはないと思うので」
スマイルジャパンを支えた2人の魂。 

text by

神津伸子

神津伸子Nobuko Kozu

PROFILE

photograph bySunao Noto/JMPA

posted2018/02/22 07:00

「4年後は私にはないと思うので」スマイルジャパンを支えた2人の魂。<Number Web> photograph by Sunao Noto/JMPA

スイスの選手と激しく競り合うスマイルジャパンの足立友里恵。平昌五輪での1勝は未来を開く1勝だった。

平昌のチームは今まででベスト。

 小さくても天性のセンスで2003年、高校2年生で日本代表強化選手に、'07年には日本代表に選ばれた。早稲田大学に入学して上京、SEIBUプリンセスラビッツに移籍した。バンクーバー五輪最終予選の最終戦、中国に敗れてオリンピックへの道が断たれた。

「本当に悔しくて、あの時のことがここまでのバネになっています」

 多くの仲間がアイスホッケーから離れていく中、両親の励ましで競技に踏み留まった。初出場を果たしたソチでは、全敗を喫している。

 そんな苦しい時期を越えて来たからこそ、もう1つの自分の役割も心得ている。

 まだ経験の浅い若い選手たちに積極的に声掛けをしたり、練習中、試合中にしっかりと声を出していくこと。

「ソチのチームも仲良かったのですが、今回の方がより意見が言い合える。今までのベストチームだと思います」

 ベテランとして、しっかり皆を鼓舞する。

 ソチ五輪から、最も大きく私生活が変わった選手でもある。

 オリンピックの翌春に結婚し、日中は勤務先のプリンスホテルで正社員として働き、仕事後にチーム練習が午後9時ほどから始まる。さらに月に1度は苫小牧で日本代表合宿がある。そこに家事まで加わった。

 だが、夫は深夜に帰宅する妻に温かいシチューを作って出迎えるなど、とても協力的だ。家事はあえて分担せず、気が付いた方が気が付いたことをやる。いつも「頑張っておいで!」と、励ましてもくれる。

今でも「二本柳!」と声援が飛ぶ小野粧子。

 違う意味で、大きく生活が変わった選手が、もう1人いる。

 チーム最年長36歳の小野粧子だ。小野も158cmと小柄で主婦、そして同じ立命館慶祥高校出身と、足立と共通点が多い。

 彼女がソルトレイク、トリノ、バンクーバー世界最終予選の時、二本柳という名前で出場していたことは、スマイルジャパンのオールドファンのみぞ知ることだ。今でも「行け二本柳!」と、声援が送られる。

【次ページ】 トリノ五輪が手からこぼれ落ちた一瞬。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

足立友里恵
小野粧子
平昌五輪
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後のコラム

ページトップ