オリンピックへの道BACK NUMBER

藤澤五月「誇りをもって氷の上に」
カーリング女子、喜びはまだ先に!

posted2018/02/22 18:00

 
藤澤五月「誇りをもって氷の上に」カーリング女子、喜びはまだ先に!<Number Web> photograph by Naoya Sanuki/JMPA

準決勝進出決定後、藤澤(左)は「今の試合(スイス戦)でもたくさん課題があった。それをもう一度やり直せるチャンスをもらえた」と語った。

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

Naoya Sanuki/JMPA

 また1つ、歴史を塗り替えた。

 2月21日、カーリング女子の予選ラウンドが終了し、カーリング女子日本代表「ロコ・ソラーレ(LS)北見」は、準決勝進出を決めた。

 過去、男女を通じ、最高成績はソチ五輪に出場した女子の4勝5敗、5位である。

 今大会で日本は5勝をあげて最多勝利を更新し、さらにベスト4以上が確定したことで、最高順位もまた更新することになった。

 ただ選手たちは喜びを見せない。スキップの藤澤五月は言う。

「自分たちで勝ち取ったセミファイナルというより、ラッキーなセミファイナルなので」

 この日、日本は最終戦でスイスと戦った。今大会は調子の上がらなかったスイスだが、2014~16年の世界選手権を3連覇するなど、屈指の強豪だ。

 序盤からスイスのショットの精度の高さが際立ち、本来の力を取り戻している感があった。一方の日本は、少しずつショットがずれることで、思ったような組み立てができない。

 また、スイスは立ち上がりからコーナーガードを置かないでハウスの中に入れ、クリーンな展開を志向した。対する日本は「私たちから攻めのかたちを作ろうと」(藤澤)、仕掛けていったが、ショットの精度の差からハウスにはスイスのストーンがたまり、苦しい展開を強いられた。

「疲れもたまってきていると思う」

 第4エンドに4失点して試合の流れを持って行かれ、第9エンドに1失点して4-8となったところでコンシード(相手の勝利を認めること)、敗戦となった。

 4失点の場面を、セカンドの鈴木夕湖はこう振り返った。

「きれいに4点取られてしまいました。そこは相手がうまかったのと、私たちも決め切れなかったです」

 小野寺亮二コーチは敗因をこう捉える。

「疲れもたまってきていると思います。また、昨日(6-8で敗れたイギリス戦)あたりから、(準決勝進出を)意識し始めているような感じもありましたね」

 オリンピック経験者が2名いるとはいえ、チームとしては初出場。1戦1戦重ねる中での疲労などの要因が、精度に影響したのかもしれない。

【次ページ】 成功率は、高いとは言えないが。

1 2 3 NEXT
藤澤五月
鈴木夕湖
吉田知那美
吉田夕梨花
本橋麻里
平昌五輪
オリンピック

冬季スポーツの前後のコラム

ページトップ