オリンピックPRESSBACK NUMBER

「4年後は私にはないと思うので」
スマイルジャパンを支えた2人の魂。

posted2018/02/22 07:00

 
「4年後は私にはないと思うので」スマイルジャパンを支えた2人の魂。<Number Web> photograph by Sunao Noto/JMPA

スイスの選手と激しく競り合うスマイルジャパンの足立友里恵。平昌五輪での1勝は未来を開く1勝だった。

text by

神津伸子

神津伸子Nobuko Kozu

PROFILE

photograph by

Sunao Noto/JMPA

 スマイルジャパンの平昌五輪の全日程が終了した。

 最終5・6位決定戦でスイスに1-0で敗れて6位入賞。それでも今大会は歴史的勝利を挙げ、一歩を踏み出した。

 忘れられない試合となった世界ランキング5位のスウェーデン戦。延長戦サドンデスで、主将・大澤ちほからロングパスを受け取って、劇的な床亜矢可のミドルシュートが決まり、2-1で振り切った。

「今回のオリンピックが、自分の集大成です」

 ラストのブザーの瞬間、真っ先に思い出したのは、32歳のフォワード足立友里恵の言葉だった。

 平昌五輪に向かう前に、何度もこの言葉を口にしていた。

 その真意を問うと、「年齢や色々な事を考えて、次の4年後は、私には無いと思うのです。これが最後だと考えています。すべてにおいて、全力で立ち向かってしっかり闘って来たいと思います」と話してくれた。

「記憶でも自分は決めたことがないはず」

 足立のプレーで、最も強く印象に残っているものの1つは、実はごく最近のものだ。

 それは平昌五輪前、ドイツ・チェコを迎えての壮行試合で起きた。

 一時的に退場者が出て1人少ないキルプレーと言われる状況で、ドイツを相手に鮮やかなゴールを決めたのだ。

 自らパックを運び、見事にゴーリーを振り切りなかなか見られないプレー。

「記憶している限りでも、今まで自分は決めたことが無かったはず」

 その時の紅潮した頬とキラキラ輝く瞳、満面の笑顔が忘れられない。

「私の役割はキルプレーでしっかりゼロに抑えて、次に繋いでいくこと」

 日頃から、足立は自分の役割をそう話していた。堅実なプレーには定評がある。

 身長155cmという、アイスホッケー選手とは思えない小さな身体で競技を続けて来た。氷上の格闘技にはとても向かない体格ながら、アイスホッケーを始めたのは兄と弟の影響だった。3人でユニフォーム姿で、氷の上で笑う写真が今も残っている。

【次ページ】 平昌のチームは今まででベスト。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

足立友里恵
小野粧子
平昌五輪
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後のコラム

ページトップ