野球クロスロードBACK NUMBER

楽天に生粋の地元スター誕生か!?
ドラフト6位・西巻賢二の逸材性。

posted2018/02/22 08:00

 
楽天に生粋の地元スター誕生か!?ドラフト6位・西巻賢二の逸材性。<Number Web> photograph by Genki Taguchi

しぶといバッティングができ、守備力も上々、チームプレーに徹する西巻。果たして開幕一軍はあるか!?

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph by

Genki Taguchi

――久米島キャンプのMVPは?

 報道陣からの質問に、梨田昌孝監督はふたりの選手を挙げた。

 ひとりは岡島豪郎。

「今年から選手会長になって、嶋がいない中、キャッチャーをやってくれたりね、本当によくやってくれました」

 ウォーミングアップから「元気出して行こう!」と声を張り上げ、全体練習後の個人練習でもバットを振り続ける。キャプテンの嶋基宏も認めるリーダーシップを発揮した新選手会長のMVPは当然だろう。

 梨田監督が続ける。

「あとは西巻もね。まだ高校を卒業していないのに、普通にできていた」

 なんと、もうひとりのMVPは、ドラフト6位ルーキーの西巻賢二だったのである。

高卒、ドラフト下位、167センチ……。

 身長167センチと、体格に恵まれているわけではない。

 しかも高卒、ドラフト下位の選手が、監督から「普通」と評されたわけだ。

 それはすなわち、プロレベルとして及第点を与えられたことであり、現時点で西巻は、アピールに成功したことになる。

 当初、西巻は二軍スタートの予定だったが、キャンプ直前に藤田一也が左足ふくらはぎを負傷。そこでチャンスが巡ってきたわけだ。

「緊張しているか?」

 梨田監督からそう問われると、西巻は「しています」と即答する。まだ18歳。あどけなさが残る。

「プロのユニフォームを着てキャンプが始まると緊張感が違うというか。一軍でやらせてもらう以上はしっかりやらないと」

 西巻は自分に言い聞かせるようにキャンプでの意気込みを語っていたものだが、そのパフォーマンスは初日から監督の目を引くこととなった。

【次ページ】 守備力は想定内だが、打撃も良かった!

1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

梨田昌孝
岡島豪郎
西巻賢二
藤田一也
佐々木順一朗
東北楽天ゴールデンイーグルス
仙台育英高校

プロ野球の前後のコラム

ページトップ