オリンピックPRESSBACK NUMBER

原大智「金メダルを取れたのに……」
男子モーグル初の銅もただの通過点。

posted2018/02/14 12:30

 
原大智「金メダルを取れたのに……」男子モーグル初の銅もただの通過点。<Number Web> photograph by Sunao Noto/JMPA

東京・渋谷出身の原。東京都からの冬季五輪メダリストは初となる快挙でもあった。

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph by

Sunao Noto/JMPA

「この五輪は僕のモーグル人生の分かれ道になる」

 日本男子モーグル界に初の五輪メダルとなる銅メダルをもたらしたのは、五輪3週間前にあった代表決定会見で、背筋を伸ばしてそう言った20歳の青年だった。

 長野五輪のフリースタイルスキー女子モーグルで北海道東海大3年(当時)の里谷多英が金メダルを獲得し、日本中に「モーグル」を知らしめた1998年2月11日から丸20年がたった2018年2月12日。

 幼少時からスキーにいそしんでいた原大智(日大1年)が、歴史に新たな1ページを記した。

「実感がない。本当に自分が銅メダル取ったのかなと、すごく今、そう思っています」

 快挙から一夜明けた13日朝、メダリストは静かな口調でそう言った。

 それでも周囲の反応のすさまじさには驚いたようで、「普段しゃべったことのないような人からもSNSでお祝いメッセージをもらった。ゆっくり、ゆっくり返していこうと思います」

 モーグル人生の分岐点を超えたばかりの若者は、笑顔を浮かべていた。

五輪に向けて用意していたオリジナル技。

「僕のオリジナルである『コークセブンのグラブ』を平昌五輪で見せつけたい」

 原は、昨年12月のW杯中国大会で初めて使った技を五輪の武器として挙げていた。

 W杯で一度も表彰台に上がったことのなかった彼にとって、第1エアで使うこの技が、銅メダル獲得のカギとなった。

「使い始めたときはランディング(着地)が甘かったが、そこを意識し始めたら点が上がった。安定させたらもっと点が出ると思っていた」

【次ページ】 「グラブつきコーク720」を成功させた!

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

原大智
里谷多英
上村愛子
堀島行真
平昌五輪
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後のコラム

ページトップ