フランス・フットボール通信BACK NUMBER

フランスの女子サッカー代表監督が、
代表チーム構築の要諦について語る。

posted2018/01/30 07:30

 
フランスの女子サッカー代表監督が、代表チーム構築の要諦について語る。<Number Web> photograph by Alex Martin/L'Equipe

最終的には代表監督就任にうなずいたディアクルだが、男子選手を率いてのクレルモンでの監督業も宿命的なように思われる。

text by

フランク・シモン

フランク・シモンFrank Simon

PROFILE

photograph by

Alex Martin/L'Equipe

 皆さんはコリンヌ・ディアクルを覚えているだろうか?

 以前(2017年2月6日配信)この欄でも紹介した、フランスで(恐らくヨーロッパでも実質上では)初めて男子プロチームの指揮を執った女性監督である。

 そのディアクルが、フランス女子代表監督に就任して5カ月が過ぎた。

 2019年6月に地元開催される女子サッカーのワールドカップを控え、初優勝を狙うフランスだが、2011年ドイツワールドカップと翌年のロンドン五輪でベスト4に進んで以降は、EUROも含め国際大会でベスト8の壁を越えられずに停滞が続いている。他のタイトルの獲得もない。

 FIFAランキングでは2014年から長らく3位を維持していただけに、実力通りの結果を得ているとはいい難い。

『フランス・フットボール』誌1月16日発売号では、フランク・シモン記者がディアクルのインタビューをおこなっている。

 悲願の世界制覇に向けて、ディアクルはいったいどんな展望を抱いているのだろうか。シモンが迫った。

監修:田村修一

決勝の自分を考える前に、開幕戦のことを考えるべき。

 フランス女子代表はこの1月20日(土)、2018年の初戦となるイタリアとの親善試合をマルセイユで迎える(註:結果は1対1の引き分け)。指揮を執るのはコリンヌ・ディアクル。昨年8月30日、オリビエ・エシェアフニの後を受けて代表監督に就任したのだった。

 来年夏、地元で開催されるワールドカップで初優勝を目指すフランス代表の指揮官として、リーグ2(フランスの2部リーグ)のクラブ「クレルモン・フット」で男子チームを3シーズンも率いたディアクルが、自らの指導に関する方法論と理念を語った。

――2019年7月7日は、女子ワールドカップの決勝戦がリヨンでおこなわれる日ですが、あなたはこのとき何をしているのでしょうか?

「人生がどうなるかは誰にもわからない。その日、スタジアムのベンチに座っていることを願ってはいるけれども」

――ベンチでキックオフの瞬間を待っているわけですね。

「そうだけれども、その前に6月7日の話をするべきでしょう。開幕戦の指揮を執るのはまず間違いないのだから。

 もちろん最後もスタジアムで終えたい。でも決勝前に敗退が決まったら、決勝をスタジアムで迎える意味は何もないでしょう」

【次ページ】 男子サッカークラブの監督から、なぜ女子代表監督を?

1 2 3 4 5 6 NEXT
コリンヌ・ディアクル
オリビエ・エショウアニ
クレルモン・フット
エメ・ジャケ
ディディエ・デシャン

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ