モーターサイクル・レース・ダイアリーズBACK NUMBER

ついにMotoGPに日本人ライダーが復活!
26歳の中上貴晶が狙う、夢の表彰台。 

text by

遠藤智

遠藤智Satoshi Endo

PROFILE

photograph bySatoshi Endo

posted2018/01/27 09:00

ついにMotoGPに日本人ライダーが復活!26歳の中上貴晶が狙う、夢の表彰台。<Number Web> photograph by Satoshi Endo

テストでは最高の走りを見せてきた中上。あとは……MotoGPの本番でどれだけ実力を出し切れるか、にかかっている。

「マルクも昔と同じように接してくれ、緊張感はない」

 競い合うライダーたちの中でもっとも高い目標となるのは当然マルケスになるが、彼のことについて中上はこう語ってくれた。

「マルクはすでに4回のタイトルを獲得、MotoGPで6年目のシーズンを迎えるが、125cc時代は一緒に走っていた。

 彼の印象は強烈! やんちゃでしょっちゅう転んでたけれど猛列に速かった。

 今年はまた同じカテゴリーで走ることになるが、経験も実力も、想像以上に大きな差はあると思う。チャンピオンとしてのマルクは高い存在でも、彼と話しているときは10年前となにも変わらない。マルクも昔と同じように接してくれ、緊張感はないですね」

ヘレスで、ペドロサばりのタイムを叩き出した中上。

 中上が初めてホンダのMotoGPマシンに乗ったのは、Moto2クラス時代の'16年シーズン終了後のスペイン・ヘレスだった。

 ホンダチームの3日間の合同テストに特別参加。このテストに参加したことは公表されなかったが、このときの中上のタイムは、ホンダ・ワークスのダニ・ペドロサが同じ'16年シーズンのスペインGPでマークしたベストタイムに匹敵するものだったという。

 ホンダ・レーシング・コーポレーション(HRC)のスタッフは、「あの走りがMotoGP昇格の決め手になった。走行データを見てもうまく乗っていたし、MotoGPライダーとしてのポテンシャルは高い」と、高評価が下されたことが中上のMotoGPライダー誕生へとつながった。

【次ページ】 「腕上がり」の症状で、筋膜にメスを入れる決断を!

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

中上貴晶
ティト・ラバット
スコット・レディング
アンドレア・イアンノーネ
ブラッドリー・スミス
ヨーナス・フォルガー
ヨハン・ザルコ
ポル・エスパルガロ
トーマス・ルティ
バレンティーノ・ロッシ
ダニ・ペドロサ
アンドレア・ドビツィオーゾ
ホルヘ・ロレンソ

MotoGPの前後のコラム

ページトップ