モーターサイクル・レース・ダイアリーズBACK NUMBER

ついにMotoGPに日本人ライダーが復活!
26歳の中上貴晶が狙う、夢の表彰台。 

text by

遠藤智

遠藤智Satoshi Endo

PROFILE

photograph bySatoshi Endo

posted2018/01/27 09:00

ついにMotoGPに日本人ライダーが復活!26歳の中上貴晶が狙う、夢の表彰台。<Number Web> photograph by Satoshi Endo

テストでは最高の走りを見せてきた中上。あとは……MotoGPの本番でどれだけ実力を出し切れるか、にかかっている。

MotoGPデビューを控え、ファンの反応も予想以上に!

 こうして、MotoGPライダーとして着々と準備を進めている中上だが、昨年9月にMotoGP昇格が発表されて以来、MotoGPライダーになったことの凄さを実感する日々が続いている。

 まずは取材が比べものにならないくらい多くなったこと。さらに、昨年12月にツインリンクもてぎで開催されたホンダ・ファン感謝デーに出席したときのファンの反応が、予想以上のものだったからだ。

「フル参戦する日本人ライダーが4年ぶりということもあるのだと思う。自分が思っている以上に今年のシーズンを楽しみにしてくれているファンが多いことを実感した。

 まだ、MotoGPのテストに2回参加しただけなのに、街を歩いていて声も掛けられるようになったし、注目してくれているということを実感している」

デビュー以来サポートし続けてきた、ホンダと出光興産。

 中上は全日本デビュー以来、いろんな形でホンダのサポートを受けてきた。ホンダからは、「Moto2チャンピオン獲得、Moto2クラスでチャンピオン争いをすることがMotoGPクラスに昇格する条件」と言われてきた。

 そのどちらも達成することはできなかったが、先にも書いた通り、中上の高いポテンシャルを評価してのMotoGPデビューとなった。

 なかなかスポンサーがつかない日本人ライダーがMotoGPクラスで戦うには、日本のバイクメーカーのサポートが不可欠だが、Moto2時代からサポートを受ける出光興産の存在もMotoGP参戦に向けて大きな追い風となった。

「いまはHRCのファクトリー契約ではないが、HRCライダーになれたことは、とても光栄です。マルクやダニ、そしてチームメートの(カル・)クラッチローはファクトリー契約。自分も一日も早くファクトリー契約を目指したい」

【次ページ】 「ロッシ選手と同じカテゴリーで走れることがうれしい」

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

中上貴晶
ティト・ラバット
スコット・レディング
アンドレア・イアンノーネ
ブラッドリー・スミス
ヨーナス・フォルガー
ヨハン・ザルコ
ポル・エスパルガロ
トーマス・ルティ
バレンティーノ・ロッシ
ダニ・ペドロサ
アンドレア・ドビツィオーゾ
ホルヘ・ロレンソ

MotoGPの前後のコラム

ページトップ