オリンピックへの道BACK NUMBER

あの宮原知子がついに帰ってきた!
羽生欠場も見所が多かったNHK杯。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2017/11/13 11:50

あの宮原知子がついに帰ってきた!羽生欠場も見所が多かったNHK杯。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

体力的にはまだまだと言いながらも、宮原の、その1本1本の指先まで美しく表現された演技は流石。完全復活が待ち遠しい。

“スケートを楽しむスケーター”友野一希。

 男子は、女子とはある意味で対照的な試合となった。

 パトリック・チャン(カナダ)が欠場し、村上大介も欠場。さらに羽生結弦もショートプログラム前日の公式練習の怪我により欠場となった。

 村上大介にかわり急きょ出場となった友野一希、佐藤洸彬の2名が演技を披露した。

「スケートを楽しむスケーター」

 以前、自身をこう表現した友野は、ショートから思い切りのいい滑りを見せる。持ち味の、場内とやりとりするような演技で引き込むと、79.88の自己ベストをマーク。フリーでは冒頭からのコンビネーションジャンプを含む4回転サルコウ2本でともに転倒したが、その後持ち直して、総合得点でも231.93とやはり自己ベストをマーク。初のGPを7位で終えた。

「正直、終わってほっとしている気持ちもあります」

 一方で、こう語る。

「大会に出てみて感じたのは、先輩方が引っ張っていたんだなということです。羽生選手は優勝とか表彰台に上がってきて、あれだけ引っ張っていけるのはすごいです。自分もこれから引っ張っていかないといけない1人だし、中途半端なことはできないと思いました」

 不在ではあっても、第一人者の存在を感じ取りつつ、自身の思いも新たにする。

ミスがあると、全体の見栄えが悪くなる。

 同じくGP初出場の佐藤は11位。

「初めての舞台で、雰囲気はいつもの大会と違いました。楽しかったこともあったし、学ぶことも多かったです」

 そしてこうも語る。

「ジャンプとかミスがあると、全体の見栄えもよくなくなりますね」

 個性的な演技が特徴の佐藤だからこそ、それを発揮するために「ミスをしないようにしたい」と言う。

【次ページ】 「ベテラン3選手が1位から3位になれたのは素晴らしい」

BACK 1 2 3 4 5 6 NEXT
宮原知子
本郷理華
濱田美栄
白岩優奈
エフゲニア・メドベデワ
羽生結弦
友野一希
佐藤洸彬
セルゲイ・ボロノフ
アダム・リッポン
平昌五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ