オリンピックへの道BACK NUMBER

あの宮原知子がついに帰ってきた!
羽生欠場も見所が多かったNHK杯。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2017/11/13 11:50

あの宮原知子がついに帰ってきた!羽生欠場も見所が多かったNHK杯。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

体力的にはまだまだと言いながらも、宮原の、その1本1本の指先まで美しく表現された演技は流石。完全復活が待ち遠しい。

コストナーを見て「これがスケート!」と衝撃の白岩。

 GPシリーズのデビュー戦となった白岩優奈にとっては、苦さもありつつ、「いい試合でした」という思いが残った。

「練習では100%できていました」と本人が言えば、「練習は調子よかった」と濱田コーチも言うように、好調な仕上りとともに試合に挑んだ。だがジャンプでミスが相次ぐなど、力を出せずに終わった。

「すごい緊張していました。目がきょろきょろして」(濱田)

 結果、171.94の8位。それでも、得たものは小さくないはずだ。

「練習から、試合のように1本1本、プログラムを練習したいと思います」

 間近に接したシニアの選手の姿も刺激となった。その中で印象的だった選手をあげる。

「(カロリーナ・)コストナーさん(イタリア)です。見ていて、『これがスケートなんだ』という滑りで、衝撃でした」

 それもまた、糧となる。2週連続での出場となるフランス杯を経て、全日本選手権を視野に入れる。

優勝のメドベデワ、2位のコストナーともに貫禄が。

 日本勢それぞれに思いを抱いて終わった試合を制したのは、224.39点のエフゲニア・メドベデワ(ロシア)。

 フリーでは、冒頭で予定していた3フリップ-3トウループのフリップで転倒。2つ目の3ルッツも両足着氷となり、珍しくミスが相次いだが、後半のジャンプをコンビネーションにするリカバリーを見せ、技術点、演技構成点それぞれ2位、総合力を発揮して優勝した。

 試合後、ミスの原因は「怪我をしているのか?」と問われると、「どうしてそういうことを聞かれるのか分かりません」と毅然と返した。そこに、メドベデワの強さの一端が感じられた。

 2位は212.24点のカロリーナ・コストナー(イタリア)。

 フリーではコンビネーションジャンプで転倒、ダブルトウループが3度になるミスもあったが、演技構成点でメドベデワを上回った。30歳の今日も、その滑りが健在であることを示し、GPファイナル進出を手中におさめた。

 210.19で3位のポリーナ・ツルスカヤ(ロシア)は、シニアデビューそしてGPシリーズデビュー戦を表彰台で飾った。逸材と言われつつ、怪我に苦しんだ時期も長かったが、高さのあるディレイド・ジャンプは、ツルスカヤならでは。圧巻だった。

【次ページ】 “スケートを楽しむスケーター”友野一希。

BACK 1 2 3 4 5 6 NEXT
宮原知子
本郷理華
濱田美栄
白岩優奈
エフゲニア・メドベデワ
羽生結弦
友野一希
佐藤洸彬
セルゲイ・ボロノフ
アダム・リッポン
平昌五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ