オリンピックへの道BACK NUMBER

あの宮原知子がついに帰ってきた!
羽生欠場も見所が多かったNHK杯。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2017/11/13 11:50

あの宮原知子がついに帰ってきた!羽生欠場も見所が多かったNHK杯。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

体力的にはまだまだと言いながらも、宮原の、その1本1本の指先まで美しく表現された演技は流石。完全復活が待ち遠しい。

「いいイメージでスタートを切ることができました」

 自ら意見を言うようにもなった。

 以前から関心があった衣装のデザインも自ら手がけ、製作をお願いしたデザイナーと一緒に素材選びからまわるなどした。

 状況の変化に応じて、自分を変えようと思い、実践してきた。その姿を見せたいと思っていた。

 練習のあり方も変化した。量を積めないかわりに、質の向上を試みた。

「試合を想定して、6分練習したら、ちょっと靴を脱いですぐにフリーやショートをするという具合にしていました。一発だけと決めて、緊張の中でやっていました」

 ごくごく限られたジャンプの回数だから、一度に集中した。

「(緊張しすぎなかったのは)練習を、そういう緊張の中でやっていたのがよかったと思います」

 そして、こうも口にした。

「いいイメージでスタートを切ることができました」

 限られた状態にあっても、その中でやるべきこと、できることを尽くす。そこで得た5位という順位は、本来の宮原がいる位置ではないだろう。それでも宮原の競技人生において、重要な試合だった。それが2017年のNHK杯だった。

本郷は「試合ごとに自分の思いも出て、演技が楽しく」。

 NHK杯の女子には、宮原のほか、日本から本郷理華、白岩優奈も出場した。

 本郷にとっては、スケートカナダに続き、自身の2試合目のGPシリーズ。カナダ大会ではジャンプの回転不足を取られるなどして、176.34の6位。今大会でもフリーで回転不足を取られ、187.83の7位にとどまった。

 だが、その表情はカナダよりも明るい。

「試合ごとに、自分の思いも出て、演技が楽しくできるようになってきています。ショートの3回転-3回転はクリーンだったのでフリーでもやりたかった。スピン、ステップでも加点がもらえる、バランスよく点の取れる選手になりたいです」

 さらなる向上を誓う。

【次ページ】 コストナーを見て「これがスケート!」と衝撃の白岩。

BACK 1 2 3 4 5 6 NEXT
宮原知子
本郷理華
濱田美栄
白岩優奈
エフゲニア・メドベデワ
羽生結弦
友野一希
佐藤洸彬
セルゲイ・ボロノフ
アダム・リッポン
平昌五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ