JリーグPRESSBACK NUMBER

トリコロールのロクとハチの伝説。
上野と遠藤から、扇原と中町へ。 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byGetty Images/J.LEAGUE PHOTOS

posted2017/10/21 07:00

トリコロールのロクとハチの伝説。上野と遠藤から、扇原と中町へ。<Number Web> photograph by Getty Images/J.LEAGUE PHOTOS

今年の初め、マリノスの前評判は決して高い物ではなかった。しかし、シーズン終盤を迎えて4位。チームの文字通り中心に、この2人がいる。

「言葉にするなら、俺らは仕事人ですかね」

 最終ラインとの協調で堅守をつくり出すと同時に、周囲を「助ける」ことに何よりも主眼を置く。このスタンスは、まさに上野を彷彿とさせる。

「空いたスペースを埋めるのも役割。前後左右のカバーリングをボランチがしっかりやれれば、周りはもっと自由にできますから。それはこのチームに来て意識していること」

 横浜は今季、クラブの大黒柱の中村俊輔が抜けるなど激震が走った。だが新キャプテンに就任した齋藤学のもとでこの危機を乗り越えるべく粘り強い戦いを見せ、チームはACL出場枠を視野に入れる好順位につけている。変わらない堅固さと齋藤を軸にした新破壊力を、ロクとハチ、そしてゴのボランチがうまくつないできたから、この成績がある。

 齋藤が右ひざ前十字じん帯損傷で離脱し、チームの真価が問われるなかで21日は首位の鹿島アントラーズをホームに迎える。

 派手なプレーは要らない。中町は「言葉にするなら、俺らは仕事人ですかね」と笑った。
我慢、献身、安心感。

 ハマのボランチの仕事人ぶりに、ご注目あれ。

関連記事

BACK 1 2 3 4
扇原貴宏
中町公祐
上野良治
遠藤彰弘
横浜F・マリノス

Jリーグの前後の記事

ページトップ