“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

前橋育英が青森山田に半年越し雪辱。
選手権の5点差はどう埋まったのか? 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTakahito Ando

posted2017/08/01 12:00

前橋育英が青森山田に半年越し雪辱。選手権の5点差はどう埋まったのか?<Number Web> photograph by Takahito Ando

CB角田涼太朗は守備に奔走したうえで、ゴールまで決めた。しかし彼らの目標は優勝、まだ兜の緒を緩めるわけにはいかない。

角田「選手権で勝ってこそ本物だと思います」

「でも、選手権で勝ってこそ本物だと思っています。ここで勝ったのは大きいですが、選手権で負けたら意味が無い。この勝利の先は、まずはインターハイ優勝をして選手権はチャレンジャーとしてではなく、王者として臨んでそこでも青森山田を下す。そのために費やしたい」

 他の選手も同じ気持ちだった。

「あくまで僕たちの目標は日本一。この勝利で気を抜くこと無く、最後まで勝ち抜きたい。それに本当のリベンジはやっぱり選手権の舞台で果たしたい」(渡邊)

 これですべての物語がフィナーレを迎えたわけではない。さらに続きがある。

 当然、青森山田も夏のリベンジを目指して強化のスピードを早め、選手権での再戦が決まったら、全身全霊で挑んでくるだろう。山田監督が青森山田の名前を口に出してチームに刺激を与えたように、青森山田の黒田剛監督も前橋育英を意識して、チームに刺激を与えるだろう。

 この“宮城決戦”は両チームの因縁をさらに深めたことになる。

 これから先も、彼らが練習や試合で緩んだプレーや態度を見せたら、山田監督の口からは再びあの言葉が出てくるだろう。

「青森山田だったらもっとやっているぞ!」

 そしてその言葉にこう付け加わるに違いない。

「このままではリベンジされてしまうぞ!」と――。

関連記事

BACK 1 2 3 4
前橋育英高校
青森山田高校

高校サッカーの前後の記事

ページトップ