セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

インテリスタの愛情はもう冷えた。
長友佑都、7年目に味わう言語の壁。 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byAFLO

posted2017/06/30 11:00

インテリスタの愛情はもう冷えた。長友佑都、7年目に味わう言語の壁。<Number Web> photograph by AFLO

サイドライン近くを90分間にわたって上下動する姿こそが長友らしさである。ベンチを温め続ける姿は似合わない。

長友佑都は走ってこそなんぼ、ではないのか。

 新監督スパレッティは選手たちに高い帰属意識を求める。忠誠心の度合いでいえば、長友は誰にも負けないと豪語するだろう。

 だが、サッカー選手はプレーしてこそ、長友佑都は走ってこそなんぼ、ではないのか。

 忠誠心ゆえにインテル以外のセリエAクラブへ移籍しないと言うのなら、セリエBで再出発という考えは荒唐無稽すぎるだろうか。インテルとの契約は残り2年あり、年俸面などクリアすべき課題は多いはずだが、古巣チェゼーナで初心と評価を取り戻す、という挑戦があってもいいはずだ。

 チェゼーナ時代の長友であれば、批判なんていちいち気にしてられないよ、とタフに振舞っていたように思う。

 7月1日、夏の移籍市場が正式に開く。インテルの新シーズン始動日は3日だ。

 誰が去り、誰が来るのか。毎年のことだが、インテリスタたちの長い夏が始まる。

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5
インテル
セリエA
長友佑都

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ