球体とリズムBACK NUMBER

ACL1勝につきボーナス5000万円!
中国勢の「札束を燃やす」強化策。 

text by

井川洋一

井川洋一Yoichi Igawa

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2017/03/13 08:00

ACL1勝につきボーナス5000万円!中国勢の「札束を燃やす」強化策。<Number Web> photograph by Getty Images

中国初お披露目となったACLプレーオフでゴールを決めたオスカル。浦和は上海上港の豪華攻撃陣を止められるか。

ACLで1勝すれば、5000万円ものボーナスを約束。

 W杯で頂点に立った経験を持つ68歳のブラジル人指揮官は、「フットボールに50年以上携わってきたが、今日、選手たちが示してくれたチームスピリットは私が見てきたなかで最高のものだ」と試合後に語り、能力の高い個々がひとつにまとまっていることを強調する。

 また、会場に詰めかけた約4万8000人の観衆には「最後まで共に戦ってくれた。感謝している」と伝えた。彼らはスタンドに赤い要塞を築いて、相手チームを威圧する。

 前節、グループ最弱と目される香港のイースタンと敵地で引き分けた川崎にとって、今回のアウェー戦は敵の力量も会場の雰囲気も別次元になる。グループ突破の望みをつなぐには、なんとしても接戦を演じたいところだが、相手のフロントはACLでの1勝に対してチームに300万元(約5000万円)のボーナスを約束しており、グループステージで敗退した昨季の汚名返上に燃えている。

江蘇はラミレスの視野と球際、テイシェイラに注意!

 吹田に乗り込んでくる江蘇はこの中で唯一、CSL第1節を落とした。カルロス・テベスを擁する上海申花に0-4の完敗を喫し、先行きに不安を残している。ただし、この試合には元チェルシーで絶対軸のラミレスが欠場しており、前述のマレン記者によると「エースのアレックス・テイシェイラが孤立する場面も多かった」という。

 プレシーズンには沖縄で北海道コンサドーレ札幌と練習試合で対戦しており、河合竜二は「ラミレスの視野の広さと戦術眼、球際の強さは別格。テイシェイラは動きがものすごくシャープだった」と教えてくれた。

 ACLではここまで2戦2勝の首位。昨季のCSL準優勝チームは強敵に違いないが、抑えるべきポイントははっきりしている。G大阪としては、テイシェイラが急先鋒となる高速カウンターに注意して、勝機を見出すべきだろう。

 日本勢の躍進を期待しつつも、世界の一線級のパフォーマンスにも目を奪われそうだ。贅沢なウィークデーを堪能したい。

関連記事

BACK 1 2 3
川崎フロンターレ
広州恒大
浦和レッズ
上海上港
ガンバ大阪
江蘇蘇寧
ルイス・フェリペ・スコラーリ
オスカル
フッキ
リカルド・カルバーリョ
アンドレ・ビラスボアス

Jリーグの前後の記事

ページトップ