JリーグPRESSBACK NUMBER

なぜ太田宏介はFC東京に復帰したか。
「僕の左足を一番必要としてくれた」 

text by

西川結城

西川結城Yuki Nishikawa

PROFILE

photograph byAFLO

posted2017/01/13 11:00

なぜ太田宏介はFC東京に復帰したか。「僕の左足を一番必要としてくれた」<Number Web> photograph by AFLO

太田宏介のクロスは低く、速く、そして正確だ。本気でJ1優勝を目指すチームにとって、大きな武器になることは間違いない。

理由がわからず干されても、常にポジティブ。

 移籍当初は起用された太田だが、2016-17シーズンに入ると先発から外れていった。プレシーズンまでは不動の左サイドバックとしてプレーしながら、リーグ戦が開幕すると蚊帳の外へ。あまりにも極端な起用法に、彼も戸惑った。

「フィテッセのスタイルが守備的になって、サイドバックはオーバーラップもほぼNGになった。そして、僕も急に外されるようになった。監督に挨拶しても無視されたり、何しても相手にされなくなった。正直、何でそうされたのかは、今でも本当の理由はわからない。完全に干されてしまいました。

 僕はそんな状態が嫌だったので、『何でですか?』と直接聞きに行ったら、『言葉の問題だ』とだけ返された。だったら、誰が見てもわかるぐらいにたくさん話そうと思って、監督の目の前でもチームメートに英語で話しかけて、練習でも誰よりも頑張ってアピールしていった」

チーム内競争に勝って、胸を張ってFC東京に戻る。

 ある時から、気持ちが吹っ切れていったという。ポジティブな性格が、異国の地でも太田自身を支えていった。

「ここまで試合に出られない経験は、横浜FCでのプロ1年目以来でした。だから逆に割り切って、楽しんでやろうと思って。練習でのパフォーマンスは誰にも負けていない自信があった。左サイドバックの先発で出ていた選手は、本職はセンターバック。チームメートもその本人もみんな言ってくれていた。『なんで左サイドはオオタじゃないんだ』と。仲間から信頼されたり認められていたことは支えになった。

 腐らずにやり続けた結果、11月に入って出番が来た。シーズン序盤に比べれば監督も少しは柔軟にはなったけど、基本は攻撃参加もダメで。でも僕は試合のどこかでは必ずオーバーラップしていたし、日本にいる時よりも数は少ないけど、自分の前にいるウイングの選手にも『パス出せ!』と言い続けた。そして何より、僕が出た試合はチームの勝率が高かった。だから監督も僕のプレーに強くは言えなかったと思う。最後は手のひらを返したようにコロッと態度が変わって(笑)。少しケガをしても、『試合まで無理はするな』と気遣ってくれるようにまでなりました」

 チーム内競争にも勝ってみせた。もしかしたら、それができないまま日本に帰還していたら、余計に世間からは尻尾を巻いて逃げてきたように思われたかもしれない。

「最後は監督の信頼を勝ち取って、チームからも『残ってくれ』と言われた。でも、自分の中では海外でプレーすることにしがみつく必要もないという考えになった」

 太田が、胸を張ってFC東京への復帰の意志を固めた瞬間だった。

【次ページ】 国内復帰は代表定着にはマイナス?

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

太田宏介
FC東京
フィテッセ

Jリーグの前後のコラム

ページトップ