オリンピックPRESSBACK NUMBER

女子バレー代表はなぜこの12人か。
世界一を狙うのに必要な4要素とは。 

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph byAFLO

posted2016/06/29 17:30

女子バレー代表はなぜこの12人か。世界一を狙うのに必要な4要素とは。<Number Web> photograph by AFLO

佐藤あり紗と座安琴希の本職はリベロ。リオ五輪は2人の守備職人を入れてディフェンス力アップを狙う。

「化学変化」に残された時間はあと40日。

 しかしプラスに考えれば、その分伸びしろがあるということ。五輪開幕が迫る中、眞鍋監督はこう意気込みを語った。

「この4年間は、世界選手権、ワールドカップでベスト4にも入っていませんし、世界はさらに身長が高くなって、各国には絶対的なエースもいる。日本がそこを追求しても、すぐに大エースなんて出るわけがありません。身長が低いというところを逆にプラスにいかすしかない。サーブレシーブを含めたディフェンスというところはいっそう集中して準備をしていきたい。この40日で、日本のオリジナルの戦略、戦術を作っていきたい」

 指揮官は今年何度も、「今のままでは、五輪切符は獲得できても、本大会でメダルを獲ることはとうてい無理。メダルを獲るためには『化学変化』が必要」と繰り返してきた。

 厳しいポジション争いを勝ち抜いた12人が、最後の40日間でその「化学変化」を起こせるか。リオ五輪女子バレーは、8月6日、日本対韓国戦で幕を開ける。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

木村沙織
古賀紗里那
眞鍋政義
座安琴希
佐藤あり紗
石井優希
鍋谷友理枝
迫田さおり
長岡望悠
山口舞
島村春世
田代佳奈美
宮下遥
荒木絵里香
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

バレーボールの前後のコラム

ページトップ